猛暑のなか250人参加の酒呑童子行列などで盛り上がる (2016.9.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市分水地区の砂子塚で生まれたとされる伝説の鬼「酒呑童子(しゅてんどうじ)」をモチーフとした「越後くがみ山 酒呑童子行列」が25日、燕市国上、道の駅国上周辺を会場に行われ、真夏に逆戻りの猛暑のなか、250人が参加した酒呑童子行列をはじめ、鬼にちなんだイベントが数多く行われた。

250人が参加した酒呑童子行列
250人が参加した酒呑童子行列

越後くがみ山 酒呑童子行列のフォトアルバム

道の駅国上駐車場の芝生広場には飲食を中心に11の店舗が並び、ステージイベントが行われた。市外から訪れた人も多く、年々、鬼のコスプレも増えている。会場ではフェイスペイントのコーナーもあり、気の早いハロウィーンのような雰囲気もあった。

 行列参加者で集合写真
行列参加者で集合写真

酒呑童子行列は、題目を唱えるように「国上の麓」、「鬼が集う」、「恋愛成就」、「心願成就」など声を合わせて繰り返す言葉を練習。酒呑童子と赤、青、黄の3匹の鬼を筆頭に「えい、えい、おー!」と勝ちどきを上げ、地元国上寺の山田光哲住職が祈とうを行って出発し、会場周辺約1キロを練り歩いた。

家族でフェースペイント
家族でフェースペイント

また、京都福知山市から丹波福知山手づくり甲冑(かっちゅう)隊が初参加した。福知山市にある大江山には、鬼伝説が数多く残り、酒呑童子伝説も伝わり、毎年、大江山酒呑童子祭りが行われている。

初参加の丹波福知山手づくり甲冑隊
初参加の丹波福知山手づくり甲冑隊

そのなかで行われる鬼武者行列が燕市の酒呑童子行列の原型とも言われ、丹波福知山手づくり甲冑隊も毎年、鬼武者行列に参加している。今回は甲冑隊の5人が参加。厚紙などを材料に作ったとは思えない重厚感のある甲冑を披露し、トークでは来場者を笑わせて大うけだった。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com