寺子屋つばさ100km徒歩の旅の思い出を振り返り、学生スタッフに感謝状 (2016.9.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

寺子屋つばさ100km徒歩の旅実行委員会(嘉瀬一洋会長)は25日、8月に98人の小学生が4泊5日をかけて100kmを歩き抜いた「第9回寺子屋つばさ100km徒歩の旅」の「旅の思い出報告会」を開き、小学生や学生スタッフなどが出席し、大きな支えとなった学生スタッフに感謝状を贈呈し、ともに手を取ってゴールした夏を振り返った。

第9回寺子屋つばさ100km徒歩の旅の旅の思い出報告会で学生スタッフ
第9回寺子屋つばさ100km徒歩の旅の旅の思い出報告会で学生スタッフ

ことしで9回を数えた寺子屋つばさ100km徒歩の旅は、三条、燕、弥彦地区の小学4年生から6年生までの98人が参加。8月7日から11日までの4泊5日をかけて、学生や社会人スタッフとともに、全員が100kmの道のりを完歩した。

坂井団長から学生スタッフに感謝状
坂井団長から学生スタッフに感謝状

報告会には参加した小学生のうち97人と学生スタッフ36人、実行委員、保護者らが出席。学生スタッフへの感謝状授与、記録映像上映、参加者代表感想発表、保護者代表あいさつなどを行った。

嘉瀬会長はあいさつで、「多くの協賛企業の皆さまをはじめとして、さまざまな支えをいただいた。おかげさまで全員完歩できた。きょうは完歩の要となった学生スタッフの頑張りに対して皆で感謝する集いとなる。あらためて学生スタッフの皆さん、ありがとうございました」。

嘉瀬会長挨拶
嘉瀬会長挨拶

坂井伸団長は団長総括で、「参加者の皆さん、日ごろの生活は何か変わりましたか?。100?はきっかけにすぎません。綱領、心得にある事を実践するのは皆さんです」と、客席の子どもたちや学生スタッフに呼びかけた。

学生スタッフへの感謝状授与では、「子どもたちの安全確保のため、事前に190時間以上の研修を重ね、また当日5日間、子どもたちの世話を精いっぱいしてくれた」と紹介し、坂井団長から一人ひとりに感謝状を手渡した。

坂井団長の総括
坂井団長の総括

参加者代表感想発表では、ことし3回目の挑戦を果たした6年生桜井夢羽君と新保乃唯さんの2人が登壇。桜井君は、100キロ徒歩の旅のいちばんの楽しさは「達成感」と言い、「家に帰ることしか考えていなかった」という1回目はとてもつらく、2回目は少しつらかったが楽しく歩け、3回目は下の子たちをしっかり支えようと責任感を感じ、300キロ完歩して学んだことは「本気」と述べた。

100kmを完歩の達成感を思いだす参加した小学生
100kmを完歩の達成感を思いだす参加した小学生

また、来年は中学生スタッフになりたいと言い、「支えてくれた学生スタッフの皆さん、社会人スタッフの皆さん、送り出してくれた家族の皆さん、本当にありがとうございました」と感謝した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com