燕三条缶バッジのデザインを公募 (2016.9.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

缶バッジで燕三条地域のPRをと、ノベルティーグッズ製作の株式会社VIVA(小師宗貴社長・三条市桜木町)は、「燕三条缶バッジ」を製作、販売しようと缶バッジのデザインを公募している。

VIVAの小師社長
VIVAの小師社長

燕三条にちなんだデザインを募集。写真でもイラストでも構わない。すぐに鬼、天狗、凧、ヒメサユリ、ラーメンなどが思いつくが、新しい視点での燕三条のイメージにも期待している。

採用作品をデザインした直径44ミリの缶バッジを作り、11月1日から燕三条地場産業振興センターの物産館で販売。価格は未定だが、1個200円から250円ていどで、40種前後のデザインをそろえたいと考えている。作品は随時、募集し、採用作品の作者には缶バッジ20個をプレゼントする。

同社は2011年に個人事業として開業し、14年に法人化、15年から「三条ものづくり学校」に入居している。缶バッジをはじめTシャツ、ステッカー、キーホルダーなどオリジナルのノベルティー商品を主にネットで受注販売している。

VIVAが製作している缶バッジ
VIVAが製作している缶バッジ

ことし4月に燕三条地場産業振興センターの展示スペースを借りたのが縁で同センター物産館で燕三条の土産になる缶バッジの販売をという話になり、デザインを募集することに。三条ものづくり学校でもガチャポンでの販売も予定する。

「地場産センターには子どもでも気軽変える何百円の地場のものが少なく、燕三条土産に需要があるのでは」と小師社長。「デザインを募集することでみんなで地域を盛り上げ、県外の人が新潟、燕三条にこんなものがあると知ってもらえるきっかけになれば」と期待し、応募を呼びかけている。デザインは応募は電子メール(foot@viva2011japan.com)で受け付けている。問い合わせは電話「0256-46-0012」へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com