【小耳聞き耳】「燕三条 工場の祭典」あれこれ (2016.10.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

6日から9日まで「燕三条 工場の祭典」が開かれている。今の燕三条地域で最も誇らしいイベントだと思っているが、小ネタもたくさんあり、そんな情報をまとめてみる。

工場の祭典を撮影するフォトグラファー神宮巨樹さんと神宮さんが出版した写真集『庖丁のむこう側』
工場の祭典を撮影するフォトグラファー神宮巨樹さんと神宮さんが出版した写真集『庖丁のむこう側』

三条ものづくり学校では、フォトグラファー神宮巨樹さんが工場の祭典で撮影した写真を収録した写真集『庖丁のむこう側』を販売している。A4判、約50ページで販売価格2,500円。

神宮さんは第2回の工場の祭典から記録写真を撮影している。9月に東京の京都造形芸術大学・東北芸術工科大学外苑キャンパスで開かれた東京アートブックフェア2016に工場の祭典が出展するのにあわせて、自費出版し、会場で販売した。ことしの工場の祭典でも写真を撮影しており、三条市のタダフサや燕市の玉川堂、MGNETでも同書を販売している。

 「新潟博覧会」に出店している「Bar Book Box」の代表、豊島さん
「新潟博覧会」に出店している「Bar Book Box」の代表、豊島さん

三条ものづくり学校の中川政七商店による大日本市博覧会・第4回「新潟博覧会」には、新潟市の豊島淳子さん(37)が代表を務める「Bar Book Box」が出店している。実店舗はなく、「本を、お酒を、人を、人と愉しむ。」をコンセプトに本と酒を組み合わせたユニークな移動式ブックバー。2011年からイベント会場で開店している。

今回は燕三条に初出店。その土地のゆかりのものを“掛け算”でコラボする。「工芸と遊ぶためのブックバー」をテーマに、三条市の古書「真昼造船」、新潟市秋葉区の本の店「英進堂」が選書した。

 今回のためにカクテル「新潟博覧会」を用意
今回のためにカクテル「新潟博覧会」を用意

酒はそのものずばり「新潟博覧会」と命名した特別カクテルを用意。中川政七商店創業300周年記念の奈良の純米吟醸「三百年」と地元三条産のナシをまるごと使った自家製コーディアルで作る。今代司酒造の甘酒「麹」を使ったノンアルコールもある。

三条ものづくり学校で営業しているカフェ「The Coffee Table」のの水出しコーヒーを使ったカクテルも用意。豊島さんは「もともと工場が‘好きなので、こういう形で出店できたのは本好きとしてはうれしい」と喜ぶ。

工場の祭典期間中、毎日燕三条駅1階で営業している「Chotto 燕三条マーケット」
工場の祭典期間中、毎日燕三条駅1階で営業している「Chotto 燕三条マーケット」

燕三条駅1階で「2」か「3」の付く日に営業している「Chotto 燕三条マーケット」は、6日から9日間までは毎日、営業。国際外語観光エアライン専門学校の卒業生や新潟大学学生が売り子のボランティアを務め、テントの下で新鮮な地元農産物を販売し、売れ行きは好調だ。

2階の燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」前には、工場の祭典の案内所がある。工場の祭典のガイドブックやタクシー利用券の配布、レンタサイクルの貸し出しを行っている。燕三条駅は工場の祭典の玄関口とあって、2日目の朝はレンタサイクルの貸し出しの対応などで担当者がてんてこ舞いの忙しさになることもあり、その後も来客が絶えなかった。

燕三条Wing前の工場の祭典の案内所
燕三条Wing前の工場の祭典の案内所

初日6日、三条ものづくり学校で行われたオフィシャルレセプションには県外から訪れた人も多かった。11月12、13日に山梨県富士吉田市で開かれる「ハタオリマチ フェスティバル」を担当する同市職員やデザイナー3人が視察に訪れていた。

山梨県富士吉田市で開かれる「ハタオリマチ フェスティバル」のちらし
山梨県富士吉田市で開かれる「ハタオリマチ フェスティバル」のちらし

「ハタオリ工場祭」、「吉田のまちの道具市」、「富士山はしご祭」の3つの祭を軸に住んでいる人も外から来た人も楽しめるイベントになるという。富士吉田市と言えば、同市の地域おこし協力隊に斎藤和真さんがいる。斎藤さんは以前、慶応大学大学院生として三条市の三條機械スタジアムの野球を通した貢献活動を調査するため、三条市に滞在してフィールドワークを行ったことがある。富士吉田市職員も斎藤さんのことを良く知っていて世間の狭さを実感させられた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com