プロギタリストと工場の担い手が工場で共演 (2016.10.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

「燕三条 工場の祭典」の公式レセプション「奏でる工場」夜勤編が8日夜、株式会社テーエム(三条市金子新田・渡辺竜海社長)で開かれ、県内外から訪れた100人余りが、プロギタリスト坂本夏樹さんと燕三条の工場の担い手6人がドラム缶を楽器にした工場の音楽ライブを楽しんだ。

「燕三条 工場の祭典」の公式レセプション「奏でる工場」
「燕三条 工場の祭典」の公式レセプション「奏でる工場」

「奏でる工場」は、夜勤編と翌9日午前11時からの日勤編の2回公演。プロギタリストの坂本さんを囲み、近藤製作所、テーエム、ニシムラデザイン、樋口工作所、ヤマトキ製作所、レジエの燕三条の6つの工場の経営者などがつくるモノづくり集団「DEN」がドラム缶やチェーンなどを楽器にして共演した。

8日は暗くなり始めた午後6時、残業しているかのように明かるい金属表面処理のテーエムの工場は、家族連れや学生、若い人から年配のまで幅広い年齢層の100人余りが集まった。

プロギタリスト坂本夏樹さん
プロギタリスト坂本夏樹さん

チャイムがなり「業務連絡、夜勤の時間になりました。作業者は所定の位置についてください」とアナウンスが流れ、坂本さんをはじめ、作業着を着た「DEN」のメンバーが登場。坂本さんのギターとボーカルにあわせ、ドラム缶を叩いて演奏が始まると、その迫力と一体感に「わー、すごい」と観客から歓声があがった。

昭和の時代に建てられた工場の中、「経営理念」や丸い時計、10月のカレンダーが壁にかかり、天井はクレーンや針金、棚には会社の作業箱、見たこともないような機械、むき出しの鉄骨、床のコンクリートなど工場関係者以外には、ふだん目にすることのない光景のなかで行われるライブは、プロモーションビデオの中に入り込んだような不思議な感覚だ。

観客とともに演奏したり、火花の演出があったりと、約1時間のステージで盛り上げた。

来場者も参加
来場者も参加

坂本さんの出演がきっかけで「工場の祭典」に初参加という東京都の今上杏莉さん(27)は、「すごい興奮しました。この場でないと聴けない音楽。ひとつのものをつくろうという思いが伝わり、感動しました」。

一緒にライブを楽しんだ十日町市の古沢美香さんは「さっき(今上さんと)知り合ったばかり」と言い、坂本さんの以前のライブのMCで「諏訪田製作所のつめ切りが気に入っている」と話したことがきっかけで、同社での爪切り購入のために三条市を訪れたこともある。

今上さんは1泊し、古沢さんはいったん十日町市に戻り、翌9日も燕三条工場の祭典を楽しむと話していた。

メーキング
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com