1杯分のコーヒーをいれるのにちょうどいいサイズの本格ドリップケトル (2016.10.14)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

金属ハウスウエア製造販売の株式会社宮崎製作所(宮崎豊社長・燕市小池)では、1杯分のコーヒーをいれるのにちょうどいいサイズの本格ドリップケトル「シングルドリップ」を発売。ありそうでなかったサイズ感に注目だ。

 宮崎製作所が発売した本格ドリップケトル「シングルドリップ」
宮崎製作所が発売した本格ドリップケトル「シングルドリップ」

「シングルドリップ」は、同社のドリップケトル「Miya coffee(ミヤコーヒー)」シリーズのアイテムのひとつ。容量は、1杯分のドリップコーヒーを抽出するのにちょうどいい0.4リットル。注ぎ口は、直径7ミリの極細口で、先端部は、内面を研磨して湯切りを良くした。

本体は、さびにくく衛生的で耐久性に優れ、保温性もある18-8ステンレス製で、つまみと柄は木製。ステンレスの素材をいかしたシルバー「ホワイトビーチ」と黒色の「マホガニー」の2種類で税別定価4,000円。

同社のほかの製品と同じく、地元燕でさまざまな技術といくつもの工程を経る手仕事で作られている。直接、火にはかけられないが、沸騰した湯を「シングルドリップ」に移せば、コーヒーがおいしく抽出される85度から90度の適温になる。

企画の宮崎絢子さんと企画営業の本田直子さんによると、「うちカフェ」といわれるように家でコーヒーを楽しむ人が増え、トレーに載せて絵になるような商品があればと考えたのが企画のきかっけになった。

企画営業の本田さん(左)と企画の宮崎さん
企画営業の本田さん(左)と企画の宮崎さん

宮崎さんは、コーヒーカップに直接、載せるドリップパックでコーヒーを飲んでいたが、普通のドリップケトルでは大きく、「1杯分だけ湯を注げるものがあれば」と提案し、開発を始めた。

宮崎さんは、おうちカフェでゆったりと楽しむほかにも、「OLさんにオフィスの休憩時間などで使ってもらい、リフレッシュしてほしい」、「受験生の夜食を運ぶ時に、クッキーもつけて」と、さまざまなシーンを提案する。

また、メーカーとして、「素敵だけど、たまにしか使ってもらえないのは作り手としては悲しい」と言い、商品を手にしたら、たくさん使ってほしいと願っている。「シングルドリップ」の問い合わせは、宮崎製作所(電話:0256-64-2773)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com