16日に弥彦駅で弥彦線開通100周年セレモニー、記念入場券発売も (2016.10.14)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

弥彦線の吉田駅ー弥彦駅間の開通からちょうど100年となる16日、午前10時20分から11時ころまで弥彦駅前広場で開通100周年セレモニーが行われるほか、臨時列車運転、記念入場券の発売も行われる。

弥彦線百周年記念のポスター
弥彦線百周年記念のポスター

セレモニーでは、記念品のふるまいと弥彦山太鼓の出迎えが行われるほか、弥彦駅から歩いて5分の「ヤホール」でもグルメイベントが行われる。また、16日から弥彦線記念写真展が開かれ、「弥彦百景」として弥彦、吉田、燕三条、東三条の各駅に合わせて100枚の写真が展示される。

臨時列車は16日、「吉田・弥彦間開通100周年記念号」を運転。国鉄時代からあった古い115系の6両編成、全車自由席で新発田発午前8時31分、弥彦駅着10時32分。記念ヘッドマークをつけて運行し、吉田駅ー弥彦駅間で乗車記念ステッカーを配布する。

弥彦線(吉田〜弥彦間)開通100周年記念入場券は16日発売で、午前10時から弥彦、吉田、燕、燕三条、東三条の無人駅を除く弥彦線の各駅で販売する。内容は弥彦、矢作、吉田、西燕、燕、燕三条、北三条、東三条の各駅の大人入場券か?1枚ずつ、合計8枚1セットのD型硬券で、140円が8枚の1,120円。総発売セットは1,000セット。

弥彦線(吉田〜弥彦間)開通100周年記念入場券
弥彦線(吉田〜弥彦間)開通100周年記念入場券
 弥彦線(吉田〜弥彦間)開通100周年記念入場券の台紙
弥彦線(吉田〜弥彦間)開通100周年記念入場券の台紙

券面デザインは2種類。国鉄からJRになった1987年(昭和62)に県内すべての駅の入場券のセットが発売されたことはあるが、ふだんは入場券を販売していない無人駅の入場券もセットになっているのは貴重だ。

1日から11月30日まで弥彦駅を発着点とした「駅からハイキング 越後一宮彌彦神社と弥彦山ハイキング」が行われている。温泉街を歩いて弥彦山登山を行うハイキング。参加費無料で予約は必要なく、午前9時20分から11時まで弥彦観光案内所で参加者を受け付ける。

また、16日はガイドによる弥彦神社の境内の案内も行う。参加希望の人は受け付けで申し込む。午前10時、11時の2回行い、各回定員25人。

弥彦線は私鉄の越後鉄道により建設され、1916年(大正5)に弥彦駅ー西吉田駅(今の吉田駅)間が開通し、16日でちょうど100年になる。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com