第11回ロボコンジャパンカップ決勝大会で81人、12チームが競う (2016.10.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

特定非営利活動法人ロボコンジャパン(丸山光博理事長)は16日、三条商工会議所で第11回ロボコンジャパンカップ決勝大会を開き、個人81人、団体12チームが出場して優勝を目指して競った。

第11回ロボコンジャパンカップ決勝大会
第11回ロボコンジャパンカップ決勝大会

小学生を対象に有線のコントローラーで操縦する市販のブルドーザーが型のキットを自分で作って対戦する大会。第5回まで燕三条青年会議所、以降は燕三条青年会議所OBが中心の特定非営利活動法人ロボコンジャパンの主催で毎年、開いている。

ことしは燕三条、弥彦、新潟、長岡の4会場で予選大会を開き、合わせて過去最多の160人、22チームが参加した。試合はロボットでピンポン玉を運び、制限時間内に敵の陣営にたくさんピンポン玉を入れた方が勝ちというルール。決勝ではピンポン玉に加えてガチャ玉やスーパーボールも入れてより戦略の工夫が必要になるようにした。

いつものことながら、子ども以上に熱中する親も多く、「いいから、速く玉を動かして!」などと声を張り上げて支持するお父さんも多かった。個人戦と団体戦のそれぞれ3位以上と、ロボットの工夫などを評価した燕市長賞、三条市長賞、理事長賞の受賞者と受賞理由は次の通り。敬称略。

【個人戦 結果】

  • 優勝=平沢快勢(長岡市立上組小6年)
  • 準優勝=長南凛汰郎(田上小5年)
  • 3位=齋藤佑成 (燕南小1年)

【団体戦 結果】

  • 優勝:ロボコン高学年チーム
    • 平沢快勢(長岡市立上組小6年)、山内達也(長岡市立上組小6年)、大和祥也(新潟市立結小5年)
  • 準優勝:チーム田上小(2)
    • 長南凛汰郎(田上小5年)、米山真王(田上町立田上小3年)、西潟匠真(田上町立田上小3年)
  • 3位:ポンコツ隊
    • 竹井太一(吉田小4年)、稲庭良河(吉田小4年)、江口郁眞(吉田小4年)

【燕市長賞】佐藤春樹(新潟市立紫竹山小5年)

  • 個性的なこだわったロボット印象的でした。

【三条市長賞】齋藤佑成 (燕南小1年)

  • バケットに貼られた「ロボコンジャパン」のシールが印象的でした。

【理事長賞】松岡瑞子(田上町立田上小3年)

  • 男の子が多いなか、唯一の女の子でした。また、一生懸命がんばって決勝進出したところです。
関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com