「あとりえきっか」で8組の作家の「箱」をテーマにした作品展 (2016.10.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市岡ノ町、貸しアトリエ「あとりえきっか」では21日から30日の金、土、日曜の6日間、「箱展〜作家たちのBoxArt展〜」を開き、日本画やオーブン粘土、蒔絵などの作家8組の「箱」をテーマにした作品を展示している。

「あとりえきっか」で金、土、日曜に開かれている「箱展〜作家たちのBoxArt展〜」
「あとりえきっか」で金、土、日曜に開かれている「箱展〜作家たちのBoxArt展〜」

箱展は、昨年から開き、2回目。同アトリエ主宰の長谷川優子さんが呼びかけて、ふだんは日本画、彫刻、蒔絵、粘土人形、編みぐるみなどを制作している県内外の作家8組が出品。うち6組が初参加だ。

展示作品

1組が1点から数点を展示。ジャンルの異なる8組の作家が、「箱」という共通のテーマで制作した作品は、箱の中や箱の外側、箱に見立ててなど、それぞれの視点で作られており、バラエティに富んでいる。また、ふだんは日本画の作家だが、今回は粘土を使って作風も違うユニークな作品だったりと、遊び心もあふれている。

展示作品

鑑賞には「ルーペも使ってください」という米粒ほどの小さな作品もあり、来場者は、顔を近づけて観察するようにじっくりと作品を見る人もいる。

展示作品

箱展の会期は、10月21、22、23、28、29、30日の6日間。午前10時から午後5時までで、最終日30日は午後3時半まで。入場無料。会場は、加茂山公園駐車場前から加茂駅に向かって数百メートル先の左側、「ショッピングセンターメリア」の裏。出展者は次の通り(敬称略)。

展示作品

▲木村富美子(蒔絵)▲斉藤和行(日本画)▲皆川徳志(版画)▲村木薫(彫刻)▲鷲塚佐恵子(羊毛フェルト)▲みるくみあ(編みぐるみ)▲CaramelPetit(はんだづけ)▲*puco*(オーブン粘土)

展示作品
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com