「弥彦を描く」公募展が開幕、芸術の秋を告げる145点が一堂に (2016.10.24)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

弥彦を題材とした絵画を対象とする第14回「弥彦を描く」公募展が23日、弥彦村総合コミュニティセンターで開幕。11月13日まで会場全館を使って145点を一堂に展示している。

23日開幕した第14回「弥彦を描く」公募展
23日開幕した第14回「弥彦を描く」公募展

日本画に41人から44点、洋画に90人から96点、2部門に計131人から140点の応募があった。17日に審査を行って入選以上となった日本画42点と洋画90点を展示。さらに審査員出品6点、招待出品7点を加えて展示している。

授賞式
授賞式

審査では、2部門とも弥彦大賞と準弥彦大賞を1点ずつ、奨励賞を2点ずつ、そのほかに協賛団体による日本画11、洋画15の賞を決めた。日本画の弥彦大賞は加茂市の自営業山田京子さん(61)の作品「萌(きざ)し」。「うれしいです。張り合いになります」と山田さんは声を弾ませた。

昨年、十数年ぶりに地元の加茂市美術展に出品していきなり最高賞の市展賞を獲得した。「弥彦を描く」では10周年記念大賞や準弥彦大賞、何度か協賛賞も受賞している。

日本画部門で弥彦大賞を受けた山田さん
日本画部門で弥彦大賞を受けた山田さん

今回の受賞作は弥彦公園のもみじ谷で見つけた木の切り株を7月初めから描いた。「老木が風化してそこに新芽が出ているのが目につき、その生命力に感動した」。切り株の下の方に描かれている新芽の緑の葉があって初めて山田さんの心を揺さぶった。

洋画の弥彦大賞は新潟市江南区の県職員河野昭信さん(60)の「お参り」。「弥彦を描く」が始まったころに出品し、協賛賞を2度、受賞しており、今回はおよそ10年ぶりの出品。すでに新潟市美術展では無鑑査でアークベル県民アマチュア絵画展で入賞経験もあり、キャリア23年のベテランだ。

洋画部門で市展賞を受けた河野さん
洋画部門で市展賞を受けた河野さん

振り袖を着た女の子がさい銭箱の前で手を合わせる姿を横から見下ろすようなおもしろい視点で描いた。「弥彦神社を題材にしたが、女の子がいたわけではない」と河野さん。弥彦神社の参拝からイメージを膨らませ、女の子の着る赤い振り袖やさい銭箱もほかで取材したもの。頭のなかにあったイメージを膨らませ、組み合わせて作品にまとめた。

「ことしはおとなしい絵が多かったので、構図や色が良かったのか」と河野さんは自己分析。弥彦大賞には「素直にうれしい。今回の受賞をきっかけにし、次の絵に生かしたい」と喜ぶ一方、「これから下手な絵は描けない」と笑った。

奨励賞を受けて招待出品となった長谷川さん
奨励賞を受けて招待出品となった長谷川さん

また、洋画で奨励賞を受けた三条市の長谷川欣吾さん(73)が招待出品となった。長谷川さんは「弥彦を描く」に出品を続けて9年目。その間、すべて入賞しており、弥彦大賞と準弥彦大賞も受賞している。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com