31年ぶりの「ROCK IN SANJO」で来場した330人はいぶし銀のステージに感動 (2016.10.25)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

昭和50年から60年まで続いた伝説的ロックコンサート『ROCK in 三条』が31年ぶりに復活。23日、三条市中央公民館で「ROCK IN SANJO」が開かれ、いぶし銀となって当時の輝きを残すロッカーたちの演奏で大いに盛り上がった。

9バンドが出演し、約330人が来場した「ROCK IN SANJO」
9バンドが出演し、約330人が来場した「ROCK IN SANJO」

当時、出演していた9バンドが出演。出演者は40歳代から50歳代が中心で、上は64歳まで。今も続くバンドもあるが、ほとんどがこの日のために再結成した。10年、20年とまったく楽器をさわっていなかった人も多く、練習を重ねてこの日を迎えた。

「ダイナゴンパワー2016」のギタリスト、JAにいがた南蒲の経営管理委員会会長の吉田文彦さん、侍ラーメンの山崎剛さんも何十年ぶりのステージを迎えた。死蔵していたエレキギターを引っ張り出し、まずは楽器店に調整に出すところから始め、吉田さんは弦の張り替えも楽器店に依頼したほどで、ブランクの長さは推して知るべし。

「ダイナゴンパワー2016」で侍ラーメンの山崎さん(左)とJAにいがた南蒲の経営管理委員会会長の吉田さん
「ダイナゴンパワー2016」で侍ラーメンの山崎さん(左)とJAにいがた南蒲の経営管理委員会会長の吉田さん

本番ではさすがにぎこちなさは残ったが、最近のロックサウンドではめっきり聴かれなくなった乾いたウエストコースト風のフェイズサウンドを響かせ、同じ時代にロックを聴いて育った世代をしびれさせた。

当時ならステージでは譜面台はロックじゃないと否定されただろうが、さすがに年齢もあって暗譜は難しく譜面台が欠かせなかった。当時、チューニングは耳が頼りだったが、今は誰もが千円もあれば買えるチューニングメーターを利用するなど、変わったところもあれば、変わらないところもあった。

往年の懐かしいバンドが次々とステージを繰り広げた
往年の懐かしいバンドが次々とステージを繰り広げた

来場者は約330人を数えた。大半は出演者と同世代で、伝説のバンドにあこがれた世代や昔のバンドを見てみたいという若い世代の来場者も目立った。革ジャンやGジャンを着たり、長髪の男性、チェーンのアクセサリーを着けた人など、とっくに中年の世代なのにロックイコール不良と言われた時代の不良感も漂い、タイムスリップしたような感覚だった。

出演者の子どもは、初めて見る父の姿に照れくさそうに驚いたり、父のステージを見たいという念願がかなって家族で記念写真を撮ったり。それぞれの人生に記憶に残る1ページを刻んでいた。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2018年3月の“朝カフェ”は、僕だけが知る胡瓜のこと、あなただけに伝える。お申し込み受付中!。会場:ひうら農場(燕市吉田)。開催日:3月11日。時間AM9:00〜12:00。「asa cafe」tsubamesanjo style cafe
越後つばめ天神講 菅原道真の命日2月25日は燕名産の天神講菓子を備えて道真公をおまつりしましょう
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com