弥彦菊まつりが始まって弥彦の秋の行楽は最盛期に (2016.11.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

「弥彦菊まつり」として知られる第56回新潟県菊花展覧会が1日から24日まで弥彦神社境内で開かれ、弥彦の秋の行楽シーズンは最盛期を迎える。

「弥彦菊まつり」第56回新潟県菊花展覧会
「弥彦菊まつり」第56回新潟県菊花展覧会

すでに境内や参道にはさまざまな色や形のキクがずらりと並んでいる。約3万の菊花で作ることしの大風景花壇のテーマは京都の「嵐山」。桂川に架かる渡月橋を中心に紅葉に彩られた嵐山の美しい風景を再現している。

大風景花壇「嵐山」
大風景花壇「嵐山」

県外にも知られる美しい紅葉を見せてくれる弥彦公園では、もみじ谷を中心としたモミジの紅葉が色づき始め。紅葉のピークはまだ1週間から10日ほどかかりそうだ。

もみじ谷の観月橋
もみじ谷の観月橋

10月29日から毎日午後5時から9時半までもみじ谷周辺の夜間ライトアップも行われている。菊まつりに伴って「文化の日」の3日と土、日曜の5、6日と12、13日は神社前通りなどが一方通行となる交通規制が行われる。

もみじ谷のライトアップ
もみじ谷のライトアップ

3日、5、6日、12、13日、19、20日、23日は弥彦線で臨時列車が運行される。渋滞が予想されるので、鉄路の利用もお勧め。菊まつり期間中は外苑坂通り・旧テニスコート跡地に仮設駐車場を設定し、もみじ谷駐車場とともに普通車1台1回300円、大型車1台1回2,000円の有料駐車となる。

また、3日から「ヤホール」で初めての「町村博覧会 in 弥彦」も始まり、行楽客を弥彦に呼び込む。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンタータンポポ。全40店舗で利用できる食べて応援企画特別補助券500円券を1会員に3枚プレゼント
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com