色鉛筆画やパステルアートの渡辺花子さんが個展、日本挿絵大賞入選作も (2017.2.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

色鉛筆画やパステルアートを手掛ける三条市の渡辺花子さん(38)の個展「hanacoten(はなこてん) vol.7」が4日から6日まで三条東公民館で開かれており、約70点の作品を展示している。

渡辺花子さんと新作「薫る風の中」
渡辺花子さんと新作「薫る風の中」

三条東公民館で教室から移行したパステルアートサークル、新潟市・アークオアシスデザイン新潟店で開かれている色鉛筆教室で講師を務めている。その指導用の手本として制作した花、小動物、風景、ケーキや笹団子などを描いた優しくやわらかいイメージの作品が並ぶ。

作家活動として制作しているのは「Folower Childシリーズ」と称した作品。主に女性をモチーフにしているが、昨年の日本出版美術家連盟主催の全国公募展「日本挿絵大賞2016」で以前に制作した作品が、大賞を含む入賞3人に次ぐ入選20人のなかのひとりに選ばれた。その入選作「クリスマスローズの涙」も展示している。

「日本挿絵大賞2016」の入選作品「クリスマスローズの涙」
「日本挿絵大賞2016」の入選作品「クリスマスローズの涙」

作品をデザインしたポストカードやメッセージカード、レターセット、しおりなどの販売も行っている。

毎年恒例の個展。「最近、色鉛筆画に興味をもつ人が多くて、おとなの塗り絵がはやっている影響だと思う」と追い風を感じている渡辺さん。昨年は三条市内で開いていた教室が会場の都合でやめざるを得ず、ことしはできるだけ早く会場を見つけて再開したい考えだ。

会場のようす
会場のようす

昨年の公募展入選に気をよくして「ことしは公募展をちゃんとやろうかなと。オリジナル作品を増やして。ただ描くだけなら誰でもできるって言うし」と作家性を高める1年となりそうだ。5、6日は午前10時から午後6時まで開場、入場無料。

関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「たんぽぽ」会員募集中!10月31日までの入会で紹介者と入会者にジェフグルメカード500円を進呈!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com