高校と地域の柔軟な連携を求めて新潟県央工業、三条商業、加茂農林の3高校がNPO法人設立 (2017.2.14)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

地域と連携した特色ある学校づくりを推進する「オンリーワンスクール新潟未来プロジェクト」に合同で取り組んだ県央地域の新潟県央工業、三条商業、加茂農林の県立3高校が1月末、NPO法人トライ・フューチャーを設立。学校の垣根を越えた連携を図り、これまで以上に柔軟に地域とかかわっていく。

NPO法人「トライ・フューチャー」の社員となった3高校の生徒
NPO法人「トライ・フューチャー」の社員となった3高校の生徒

7日に県央工高で平成28年度のオンリーワンスクール新潟未来プロジェクトの報告会を開き、3校が取り組みを発表するとともに、1月25日付けで特定非営利活動法人トライ・フューチャーが設立したことを報告した。

同NPO法人は、県央地域に対して地域の専門高校生が観光・防災・環境の3つの視点から地域活性化のための事業を行い、活気ある街の創造に寄与することを目的とする。

理事は、理事長の県央工高・大湊卓郎校長をはじめ、3校の校長3人、生徒会長3人、監事1人の7人。3校の教頭3人と副会長3人の6人を含めた計13人が社員で、事務所を県央工高内に置く。

平成28年度オンリーワンスクール新潟未来プロジェクトの報告会
平成28年度オンリーワンスクール新潟未来プロジェクトの報告会

事業としては、防災キャンプへの参加と防災フォーラムの開催、五十嵐川土手環境整備活動、防災グッズの商品開発、未利用資源の有効活用や廃棄物リサイクルシステム作り、教育・学習・体験ツアーの企画、立案及び高校生ガイドの実施、三条マルシェなど三条市主催のイベント等の企画・運営。スタッフとしての参加、観光農場体験ツアーの施策的取り組み、文化祭の相互参加、物品・農産物等の販売事業などを行っていく。

大湊校長はあいさつでNPO法人設立の経緯について話した。各地方や地域はさまざまな課題を抱えるが、すべてを行政組織が解決することは難しい。地域のことは地域の人たちの力で解決することが求められるが、地方に行くほど人は少なく、地方は力が足りない。

理事長の県央工高・大湊校長のあいさつ
理事長の県央工高・大湊校長のあいさつ

「高校生はもちろん勉強することは第一だが、勉強しながらでも地域の力になれることがあるのではないか。とはいえ、学校でできることには限りがあり、NPO法人ならもっと柔軟に活動できる」と話した。

平成28年度の同プロジェクトの活動報告として、NPO法人設立、防災キャンプ報告、各校の取り組みなどを生徒が発表。続いて、同法人の活動のひとつとなる「NPO法人オフィシャル・デザートコンテスト」について三条市東本成寺、佐久間食品株式会社の佐久間康之さんがジェラートのアイデア募集を説明。来賓のNPO法人にいがた防災ボランティアネットワークの李仁鉄事務局長が、NPO法人の仕組みや生徒の活動報告にふれ、「ビジネスのパートナーとしてやりましょう」と活動の可能性を示した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
飛燕夏まつりアイデアコンテストのご案内
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
第6回新入学フェス 12/11(土)、12(日) 三条商工会議所1Fホールで開催。中学校に入学おめでとう!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com