自分でつくった新しい野球グラブで新年度をと親子グラブづくり (2017.3.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市内体育施設の指定管理者、燕市体育協会・ミズノグループでは、18日(土)午前10時から燕市体育センターで親子グラブづくりを行うので、参加者を募集している。

前回、自分で作ったグラブを今も大事に使っている小中川バッファローズの子どもたち
前回、自分で作ったグラブを今も大事に使っている小中川バッファローズの子どもたち

新年度が始まる前に自分で作った野球グラブを新調してもらおうと企画したもので、2年前半前に開いて以来2回目。前回は15人が参加し、作ったグラブは今も大事に使われ、好評だった。

グラブはほぼ形ができあがっており、最後のひも通しの工程を行う。対象は小学校3年生以上で定員15人。参加者1人につき保護者1人まで同伴でき、親子で参加できなくてもスタッフが対応する。

グラブカラーは申込時に選択する。参加費はミズノ製グラブケースと記念グッズを含めて9,000円。参加申し込みは燕市体育センター(電話:0256-64-3091)へ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com