300人参加を目標に三条高校同窓会、若い同窓生の参加を呼びかけ (2017.4.5)


取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

県立三条高校の同窓会(山井太会長)は創立記念日の5月1日(月)、三条市のジオ・ワールドビップで同窓会を開く。ことしは300人の参加を目標にとくに若い同窓生の参加を呼びかけており、同窓生からの連絡を待っている。

三条高校の同窓会に参加を呼びかける代表副幹事の小林佳代子さん
三条高校の同窓会に参加を呼びかける代表副幹事の小林佳代子さん

午後6時から受け付け、6時半から同窓会総会を開いたあと7時から懇親会に移る。アトラクションではNPO法人全世界空手道連盟新極真会新潟支部による氷柱割り、瓦割り、板割り、バット折りなどを含む演舞を行うほか、同窓会長でもあるスノーピークの山井太社長とツーショットで写真を撮ってSNSで発信、自慢してもらうコーナーも設ける。

昨年度末に三条シティセールス事業実行委員会がスタートした同窓会の費用を10万円を上限に1人2,000円か1,000円を補助する事業の利用第1号ともなる。

前身の県立三条中学校を含む同窓会。毎年、同窓会を開き、約200人が参加しているが、新潟高校の同窓会は500人、長岡高校に至っては800人もの参加があるのと比べると大きく見劣りする。若い人の出席が少なく、同窓会を盛り上げていくには、これからの同窓会を支えていく若手の力は欠かせない。

燕市・代表副幹事の小林佳代子さん(37)は、「この地域は全国から注目を集めることをたくさんやっているのに」と低調な三条高校同窓会を残念に思う。「同窓会が続いていることに感謝し、同窓生が交流できる場にしたいし、いろんなことをあらためて考える場にもしたい」と言う。

300人の参加を目指し、さまざまなチャンネルを使って参加を募っている。アトラクションの空手は小林さん自身も取り組んでおり、小林さんも演舞を披露しようと張り切っており、当日が楽しみだ。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条地場産センター 2017GWフェア・得々 道の駅スタンプラリー
燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com