新潟県地金魚生産組合主催の初めての玉サバ品評会と販売 (2017.4.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県地金魚生産組合(石丸孝行理事長)は15、16の2日間、長岡市・いやしの郷で「越後地金魚ジャパンオープン」を初めて開き、新潟県で改良した金魚の一品種「玉サバ(タマサバ)」の品評会や販売を行っている。

長岡市・いやしの郷で開かれている「越後地金魚ジャパンオープン」
長岡市・いやしの郷で開かれている「越後地金魚ジャパンオープン」

新潟県地金魚は本県で改良された金魚。玉サバは錦鯉の産地の中越地方で生まれた品種で、流金型のぷっくりとした体型だが、尾はコイの尾を長くした吹き流しのようで、泳ぎは俊敏だ。

近年、外国への輸出が多いが、国内の愛好者も増えてきていることもあり、販路拡大につなげようと、生産者でつくる同組合が主催し、初めての開いている。今後、春と秋の年2回の開催を予定している。即売会も実施する生産者による開催はファンにとっては貴重で、1回目の今回も注目が高く、全国の地金魚ファンから問い合わせの電話が数多くある。

初日15日午後から審査、翌16日は一般公開と販売。今回は同施設内の「釣り堀」の一画を会場に、63匹が出品された。審査員は流通業の3人で、1尾ずつが入った水槽に顔を近づけたりしながら、形などを中心にじっくりと審査した。16日は、午前9時から午後3時までで、品評会の結果の一般公開や販売を行う。

玉サバ
玉サバ

会場のいやしの郷は、切花の加工・卸売業などを行う株式会社中越(石丸孝行代表取締役・三条市西本成寺2)がサカキの栽培をと長岡市黒坂地内の土砂採石場跡地役66万平方メートルを取得したもので、あわせてヤエザクラを中心とした花木で埋めつくし、交流人口を増やしたいというプロジェクトに取り組んでいる。

園内は、無料区画と有料区画に分かれており、「越後地金魚ジャパンオープン」の入場は無料。

関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 会員募集中! 入会者と紹介者に入会人数分の入会人数分の図書カードかジェフグルメカード1,000円分をプレゼント
ストックバスターズお土産フェア
燕三条じばさん お盆フェア2017 8/11-16
燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com