加茂市黒水の加茂川堤防で満開のサクラ並木はことしが見納めか (2017.4.24)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂川の河川改修を記念して40年ほど前に加茂市黒水地区の加茂川左岸に植えられたサクラの並木が巨木に育っている。日曜の23日には満開から散り始めとなり、地元自治会の花見会が開かれた。ただ、この見事なサクラ並木の花見を楽しめるは、ことしが最後となりそうだ。

 加茂市黒水地区の加茂川左岸のサクラ並木の下で黒水中区が花見会
加茂市黒水地区の加茂川左岸のサクラ並木の下で黒水中区が花見会

まるやま公園から下流側へ300メートル余りにわたってサクラが連なる。切り株を見ると当初、10メートルほどの間隔で約30本のサクラが植えられたようだ。そのうち4分1ほどは切り株が残るだけになっているが、それでも目を見張る見事な咲きっぷりだ。

堤防のすぐ脇に住宅が連なる。サクラが大きくなって住宅にまで枝を広げるため、これまでも枝を落としている。そればかりか、住宅の下にまで根を広げ、排水溝を持ち上げたり、住宅の土台にも影響が出始めていることから、伐採を求める声が強まっている。地元の人によると、伐採は決定ではないが、ことしは多くのサクラが伐採される見通しと言う。

■■
これだけの見事なサクラ並木の満開はことしで見納めか

23日はサクラ並木のある黒水中区と黒水南区の自治会がサクラの下でそれぞれ恒例の花見会を開いた。黒水中区の花見会には40人ほどが参加。「角栄さんのときに河川改修してもらった記念のサクラ」、「地域で守ってきたサクラなんだ」と伐採を惜しみながら酒を酌み交わしていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com