全日本テーブル筐体愛好会が糸魚川市大規模火災の義援金に3万6,200円 (2017.5.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

全日本テーブル筐体(きょうたい)愛好会(土屋正会長)は、3月の「おもちゃフェスティバル」などでのチャリティーに寄せられた3万6,200円をこのほど三条市共同募金委員会を通じて糸魚川市大規模火災の義援金に寄付した。

 全日本テーブル筐体愛好会からの糸魚川市大規模火災の義援金3万6,200円を三条市共同募金委員会を通じて寄付する土屋会長
全日本テーブル筐体愛好会からの糸魚川市大規模火災の義援金3万6,200円を三条市共同募金委員会を通じて寄付する土屋会長

同愛好会は、1980年代ころのゲームセンターや喫茶店にあったインベーダーゲームをはじめとするゲーム機「筐体」の愛好するボランティア団体。2014年の「第7回三条おもちゃフェスティバル」に誘われ、趣味で楽しんでいた三条市の土谷会長(43)と友人らが、テーブル筐体などを持ち込んで「インベーダーゲームコーナー」として無料開放をしたのがきっかけだった。

3月の「おもちゃフェスティバル」での全日本テーブル筐体愛好会のイベント
3月の「おもちゃフェスティバル」での全日本テーブル筐体愛好会のイベント

子どもからおとなまでがゲームを楽しみ、喜んでくれたことをうれしかったという土屋会長が、次回も参加したいと主催の三条市ボランティア連絡協議会に伝えたところ、同協議会への登録を勧められ、愛好会として活動を開始することとなった。会員はSNSを通じて全国に広がり、国内のほかフランスや香港も含めて、3月末で184人を数える。

今回の寄付は、3月19日に三条市総合福祉センターで開かれた第10回三条おもちゃフェスティバルで、無料のゲームコーナーを開設したときの募金に寄せられた1万5,000円と2月のイベント時の2万1,200円の合計3万6,200円。3月31日に土屋会長が共同募金委員会事務局の三条市社会福祉協議会を訪れ、善意を手渡した。

全日本テーブル筐体愛好会会員
全日本テーブル筐体愛好会会員

おもちゃフェスティバルでは、インベーダーゲームなど約20台を設置して無料開放し、UFOキャッチャーのような「クレーンゲーム」1台をチャリティとした。景品は県内のゲームセンターなどが提供に協力。さらにゲーム機を運び込んだり、設置や運営などを行った会員は13人ほどで、遠くは京都など県外からも駆けつけた。当日は、子どもたちには新しく、おとなには懐かしいゲームに大勢が夢中になっていた。

関連リンク
  • 筐体の日々(土屋会長のブログ)(新しいウィンドウで開く)
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


12月1日(金)〜3日(日) 道の駅 燕三条地場産業振興センター「2017年末フェア」9:30〜17:00 最終日のみ16:00まで
11月30日までストックバスターズで包丁下取りフェア
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com