満開の「八王寺の白藤」と五月晴れのなかで白藤茶会 (2017.5.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

境内で県指定天然記念物「八王寺の白藤」が育つ燕市八王寺、真宗仏光寺派安了寺(松島孝夫住職)で14日、恒例の白藤茶会が開かれ、満開の白藤に五月晴れの絶好の条件のなかで茶を味わった。

 白藤茶会
白藤茶会

東西30メートル、南北20メートルの棚に枝を広げたフジの幹回りは5.3メートル。樹齢推定350年とされ、1958年(昭和33)に県指定天然記念物となった。毎年、開花期に燕市教育委員会と燕茶道友の会の主催で白藤茶会が開かれており、ことしで41回を数えた。

白藤は満開から散り始めで、絶好のタイミング。周辺の道路が渋滞するほど見物客が多く、境内は見物客でにぎわった割に、茶会の参加者は156人と少なめだった。

■■
満開から散り始めだった八王寺の白藤

会場は安了寺の座敷。窓を全開にし、茶席の最中は白藤を見ることはできないが、白藤の甘い花の香が茶席にまで香ってくる。菓子はきんとんで名は「藤波」。和服のお運びから菓子と茶をいただき、茶の湯の空間で日常を離れてゆったりした気分で過ごしていた。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


9月24日(日)いい湯らてい大感謝祭 nintendo Switchのプレゼントも!
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 会員募集中! 入会者と紹介者に入会人数分の入会人数分の図書カードかジェフグルメカード1,000円分をプレゼント
燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com