塩ビパイプを使った造形作品を展示する須貝正利彫刻展 (2017.6.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市岡ノ町、貸しアトリエ「あとりえきっか」は、2日から4日までと9日、11日の5日間、須貝正利彫刻展を開き、塩化ビニールパイプを使った造形作品を展示している。

 「あとりえきっか」で開かれている須貝正利彫刻展
「あとりえきっか」で開かれている須貝正利彫刻展

作品は、塩化ビニールパイプを主に鉄やアルミなども使って、植物、カタツムリやヘビなど昆虫を表現。頭像の自画像など13点を展示している。

漆の塗り師でもあるという須貝さん。塩化ビニールをつなぎ合わせて曲線と直線を活かした作品に、塗装を施している。黒い塗装の作品は、蒸気機関車のような重厚さで、素材を感じさせない。

展示している塩ビパイプなどを素材にした須貝正利さんの作品
展示している塩ビパイプなどを素材にした須貝正利さんの作品

須貝さんは、1959年胎内市(旧中条町)生まれ。85年に新潟県美術展覧会彫刻奨励賞を受賞、87年に新潟大学大学院を修了。91年に新潟県央芸術美術展彫刻記念賞、2015年に新潟県美術展彫刻県展賞を受賞した。現在は新潟県美術展覧会無鑑査、新潟県彫刻会会員。

彫刻展は、午前10時から午後5時までで、最終11日は午後4時まで。入場無料。会場は、加茂山公園駐車場前から加茂駅に向かって数百メートル先の左側、「ショッピングセンターメリア」の裏。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com