新潟県央工業同窓会に約240人が参加し旧交を温める (2017.6.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県央工業同窓会(梨本正実会長)は23日、三条市で2017県央工業高校同窓会総会を開き、昭和31年から平成28年の卒業生と旧職員など約240人が参加し、旧交を温め、世代を超えて語り合った。

 新潟県央工業同窓会総会でインターハイ出場を果たした4つの部活動の監督に出席
新潟県央工業同窓会総会でインターハイ出場を果たした4つの部活動の監督に出席

午後6時半から三条市のジオ・ワールドビップで、ことしも「集い 語ろう」をテーマに開会。会務報告などの議事に続いて、懇親会に移り、インターハイ出場のウェイトリフティング部、弓道部、レスリング部の3つと野球部の計4つの部活動の監督に出席してもらい、各部活動への激励と激励費を贈呈し、各監督の決意表明も聞いた。

梨本会長はあいさつの中で、学校を取り巻く少子化などの課題に対する同窓会の対応として、燕三条地域での工業高校の必要性を訴えており、一昨年12月に「燕三条工業高校」への校名変更を県と県教育委員会に要望したことなどを配布した紙面にて記載していると話した。

 梨本同窓会長
梨本同窓会長

さらに、「母校の在校生は、先生方の熱心なご指導のもと、元気に活動をして、部活動をはじめおおいに活躍してくれています。われわれ同窓会は、母校、後輩の頼もしい存在を大いに応援し、その活躍と喜びを共有してまいります」。

また、参加者の内訳は、昭和年代の卒業生は約6割、平成年代は4割。これほど世代の開きのある同窓会員が毎年、一堂に会するというのは、わが母校の同窓会のほかにはないのではと述べ、「母校の長い伝統を築いていただきました先輩諸兄のおかげ」と感謝。テーマの「集い語ろう」の通り、時間の許す限り、にぎやかに楽しく過ごしてほしいと述べ、大勢の参加に感謝した。

 大湊校長
大湊校長

大湊卓郎校長は、生徒、学校への支援と協力に感謝の言葉を述べた。生徒の就職には力をお借りしたいとし、部活動の活躍、三条商業高校と加茂農林高校とともに昨年設立した高校生がつくるNPO法人「トライフューチャー」についてなどを話し、「皆さんのご期待に応える生徒の活躍のフィールドをいっそう広げていきたい」とあいさつした。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
飛燕夏まつりアイデアコンテストのご案内
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
第6回新入学フェス 12/11(土)、12(日) 三条商工会議所1Fホールで開催。中学校に入学おめでとう!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com