大雨で県央地域では弥彦村を中心に冠水や河川の水位上昇 (2017.7.24)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

23日に続いて24日も時折、激しい雨が降り、県央地域でも各地で道路の冠水の被害をはじめ、河川の水位上昇、一部で土砂崩れもあった。

 弥彦村上泉地内の上泉大橋付近の矢川
弥彦村上泉地内の上泉大橋付近の矢川

この雨では、これまであまり災害に縁のない弥彦村で影響が大きかった。午前6時に災害警戒本部を立ち上げ、午後3時ころからの豪雨で一気に緊迫した。

矢川の水位が上昇し、堤防を越える恐れが出た。上和泉地内の上泉大橋付近ではひっきりなしに村民が川のようすを見に来ており、小林豊彦村長も訪れて自分の目で確認していた。堤防まで1メートルほどに迫っているところもあった。

弥彦村役場の正面玄関前にも土のう
弥彦村役場の正面玄関前にも土のう

ほかにも温泉街の近くを流れる払川の水かさが増えて流れが激しくなったため、土のうを配ったほか、家屋などに浸水の恐れがあった数カ所に土のうを配布。村役場正面玄関も玄関前にたまった雨水が自動ドアのすき間から役場内に入り始めたため、土のうを並べて防いだ。

被害はなかったが、井田地内で住宅の裏で土砂崩れがあった。大戸や井田で弥彦線のガード下の掘り下げてある部分が水がたまり、通行止めしたが、夜になる前に解除した。

イオン県央店付近で冠水のため通行止め
イオン県央店付近で冠水のため通行止め

燕市では午前5時40分に災害対策本部を設置。道路冠水のため、イオン県央店付近(井土巻)、吉田地区の吉田産業会館付近(吉田東栄町)、吉田日之出保育園前(吉田日之出町)を通行止めにした。三条市ではコメリ三条店裏のアンダーパス(須頃)を通行止めにした。

三条市では五十嵐川の滝谷水位観測所で午後7時に避難判断水位の25.0mを超える25.04mを観測したが、8時には24.95mとなり、その後も水位は下降した。

通行止めになったコメリ三条店裏のアンダーパス
通行止めになったコメリ三条店裏のアンダーパス

三条では午後3時までの1時間の24.0ミリを最高に降り始めから24日午後10時までに累計170.5ミリの雨量を記録した。翌24日まで夜遅くまで強い雨の恐れがある。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com