この夏も首都圏の大学野球サマーリーグ 県内3球場で6大学の1、2年生が熱戦 (2017.7.24)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

東京六大学野球のうち慶応、法政、明治、立教の4大学と首都大学野球の筑波、東都大学野球の東洋の1、2年生のチームが参加し、さらに県内6高校も加えたリーグ戦「大学野球サマーリーグ」が8月10、11、12日の3日間、三条パール金属スタジアム、長岡市悠久山球場、見附運動公園野球場の3球場で開かれ、ふだんはベンチ入りできない選手たちがグラウンドで躍動する。

 第3回大学野球サマーリーグのポスター
第3回大学野球サマーリーグのポスター

首都圏の大学野球部の主に次世代主力選手を対象に、夏休みを利用して育成を図る教育リーグ。スタートした2年前、首都圏の大学は慶応と明治の2大学で、昨年はそれに立教、東洋を加えて4大学と倍増。ことしはさらに6大学に増えた。

それに伴って試合数は第1回の2日間で3試合から、第2回は3日で8試合、ことしは3日間で21試合と大幅に増えた。昨年は大学側からもっと試合をしたいという声があり、ことしは各大学が5試合か6試合に増えた。また昨年までは三条パール金属スタジアムだけが会場だったが、ことしは3球場に増やして一気に規模を拡大した。

高校は県央工業、中越、長岡、長岡大手、長岡工高、帝京長岡、長岡が参加し、それぞれ大学と1試合を行う。

 来県してサマーリーグをPRした慶応野球部の3小野さん(左)とマネージャーの2年原田さん
来県してサマーリーグをPRした慶応野球部の3小野さん(左)とマネージャーの2年原田さん

21、22の日間、慶応野球部の3年小野航河さん(20)とマネージャーの2年原田百菜さん(19)が来県してサマーリーグのキャンペーンを行い、メディアをはじめ、スポーツ用品店、飲食店、大型店など回ってPRしたり、ポスターを張ってもらったりした。

小野さんは「下級生にはチャンスの場。なかなか試合に出られないの大勢の人が見てくれる場所で3日間で5、6試合もできる機会はめったにない」とサマーリーグの意義の大きさを強調する。県内高校野球部との対戦や2日目の11日は見附運動公園野球場で大学生による野球教室の開催も計画している。「高校生にも大学野球のレベルの高さを感じてほしいし、大学でも野球を続けるきっかにしてほしい」と願う。

 6月13日に球場や宿泊先の視察に訪れた参加大学野球部員
6月13日に球場や宿泊先の視察に訪れた参加大学野球部員

大学野球サマーリーグの参加にかかる費用は選手の持ち出しになっていることから、高校生以下は無料だが、内野席は育成協力金として1,000円の入場料を設定しており、広く来場を呼びかけている。チケットは当日券だけ販売する。

また、大学野球サマーリーグのFacebookページツイッターアカウントでは各大学野球部の選手の紹介を行っている。試合の日程は次の通り。

試合日程
試合日程
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 会員募集中! 入会者と紹介者に入会人数分の入会人数分の図書カードかジェフグルメカード1,000円分をプレゼント
ストックバスターズお土産フェア
燕三条じばさん お盆フェア2017 8/11-16
燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com