ラストチャンスだった25日の燕大花火大会に市役所周辺には約2,000人 (2017.7.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

大雨のため23日から順延した燕大花火大会が25日、行われた。メーンの観覧場所の市役所周辺には約2,000人(主催者発表)が訪れ、雨上がりの夜空を彩る1,200発の花火を楽しんだ。

燕大花火大会
燕大花火大会

燕市役所と北越工業の間の田んぼを、ことしも打ち上げ場所に午後8時から9時まで行われた。当初の開催日だった23日からの大雨に見舞われ、燕市は24、25日と2日間にわたって災害対策本部を設置するなど対応に追われて順延。最終期限の3日目で雨は終息し、ようやく実施できた。

 庁舎内からも見学
庁舎内からも見学

観覧場所の市役所では、例年より観客の数は少ないが、ことしも芝生にビニールシートを敷いたり、縁石の上に腰かけたりして見物した。

また、雨が降ったときのために予定になかった庁舎の3階と4階も一般に開放した。花火がほぼ正面に見える南側の全面ガラス窓の前には、家族連れや夫婦がいすに座り、空港かホテルのラウンジのような雰囲気のなかでゆったりと花火鑑賞を楽しんだ。

燕大花火大会
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com