燕三条駅そばの立ち食い塩ラーメンに人気じわじわ (2017.7.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

JR燕三条駅に降り立つと聞こえるチャルメラの音。それが「かん哲」の立ち食い塩ラーメン。透き通ったスープにふさわしいすっきりした味わいのなかにもうまみがあふれ、地元にとどまらずラーメン好きの間でもじわじわと評判が広がっている。

透き通ったあっさりスープの「かん哲」の立ち食い塩ラーメン
透き通ったあっさりスープの「かん哲」の立ち食い塩ラーメン

営業場所はJR燕三条駅の燕口を出てすぐ左に歩いて道路を渡ったところ。三条市須頃1、「味覚天国たまや」の駐車場に止まるスカイブルーのワンボックスカーがそれだ。

水曜と木曜の週2日だけ、午後7時から営業する。1日50食目安でスープがなくなりしだい閉店するが、おおむね午後10時ころまでの営業。メニューは塩ラーメン(700円)とそのチャーシュー麺(850円)だけ。鶏がらベースとシイタケや煮干しの和風だしのダブルスープで、試行錯誤を繰り返して天然塩など3種類の塩をブレンドする。

 「味覚天国たまや」の駐車場で立ち食いラーメン「かん哲」を営業する関本さん
「味覚天国たまや」の駐車場で立ち食いラーメン「かん哲」を営業する関本さん

麺はオリジナルの細麺で、ゆで上がりは速いのに、のびにくいのが特徴。チャーシューには新潟県産ブランド豚「甘豚」をじっくり煮込んで口の中でとろけるように仕上げた。燕三条駅周辺には居酒屋が多い。酒を飲んだあとの締めのラーメンのイメージで腹にもたれない、あっさり感にこだわった。

店主は三条市では有名なアイデアマン関本秀次郎さん(43)。市内の日本料理店の二男に生まれ、店で修行したあと市内で2011年に「酒場カンテツ」をオープンし、13年からミニシアターカフェ「キネマ・カンテツ座」を営んでいる。自ら三条名物とうたったサバ缶とタマネギを生かした「サバサラ」、コメが主体のコロッケ「カンテツコロッケ」などのユニークなメニューを考案してメディアの注目も集める。

全国に知られる燕三条の背脂ラーメンが大好きだ。キッチンカーも所有し、いつかは立ち食いラーメンをとの夢があったが、背脂ラーメンは「愛しすぎて作れない。その土俵には踏み入れたくなかった」と関本さん。さっと食べてさっと帰るには、塩ラーメンだと考えた。半年かけてようやく納得できる味に仕上がり、6月から営業している。

 塩ラーメンにこだわった関本さん
塩ラーメンにこだわった関本さん

「味覚天国たまや」の店主とは顔なじみで、ダメ元で相談したら快く駐車場を貸してくれた。週末は「味覚天国たまや」がにぎわって駐車場も不足するので、水、木曜だけの営業に。逆に立ち食いラーメンを味わいながら「味覚天国たまや」の酒を注文することもできる。

スピーカーでチャルメラを流しているので、その音を聞きつけて食べにくる燕三条への出張客も多く、関本さんは「リピーターも増えているのを実感できてうれしい」と言う。地元燕三条地域の客は7割ほど。この塩ラーメンが食べたいと県内各地からラーメン好きも訪れる。

幼稚園のバザーなどに出店依頼を受けることもあり、ケータリングにも対応する。「地元の会社から出張ラーメンをやってくれと言われたらおもしろい」と、関本さんはいろいろな構想を練っている。塩ラーメンはキネマ・カンテツ座のメニューにはなく、立ち食いラーメンだけ。

関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com