県消防大会の小型ポンプ操法で下田方面隊第2分団が2位 (2017.7.31)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県と(公財)新潟県消防協会は30日、三条市で第68回新潟県消防大会を開き、三条防災ステーションで行われたポンプ操法競技会の小型ポンプ操法で、三条市消防団を代表して出場した下田方面隊第2分団が2位の好成績を収めた。2005年の合併後の三条市での入賞は初めて。

 第68回新潟県消防大会のポンプ操法競技会小型ポンプ操法で2位になった下田方面隊第2分団
第68回新潟県消防大会のポンプ操法競技会小型ポンプ操法で2位になった下田方面隊第2分団

午前10時から燕三条地場産業振興センターで、意見発表・表彰式を行い、米山隆一知事をはじめ来賓、消防職団員など約700人が参加。初めに消防殉職者に対する黙とうを行い、意見発表、消防機関及び消防団員・消防職員と消防団協力事業所等の表彰などを行った。

意見発表では三条市消防本部の皆川徳幸消防副士長が「大規模災害への備え」、三条市消防団の大竹智子班長が「女性消防隊!7歳になりました!」のテーマでそれぞれ発表した。

 ポンプ操法競技会の下田方面隊第2分団
ポンプ操法競技会の下田方面隊第2分団

ポンプ操法競技大会は、午前11時半から三条防災ステーション駐車場を会場に開催。競技は2種目で、ポンプ車操法に9チーム、小型ポンプ操法に18チームが出場した。県央地域では加茂市消防団第5分団と開催地枠の三条市消防団下田方面隊第2分団の2チームが、小型ポンプに出場した。

両チームの結果は、三条市消防団下田方面隊が、1位の阿賀町消防団上川方面隊(総合得点84.75)と1点差の83.75点で2位。加茂市消防団は6位までの入賞に及ばなかったが10位と健闘した。

 小型ポンプ操法で10位になった加茂市消防団第5分団
小型ポンプ操法で10位になった加茂市消防団第5分団

表彰状と2位の盾を手にした三条市消防団下田方面隊第2分団チームキャプテンの刈屋寿さん(34)は、「ほっとしました」、「きつい練習だったが、みんなよくやった」と、昨年12月に始まった練習を振り返った。5月までは週3回、6月からは週4回、仕事を終えた夜間に、下田地区の会社の敷地を借りて練習を続けた。大会前の3週間は、本会場の防災センターで毎朝5時から1時間の練習を繰り返したという。

タイムがなかなか縮まらないなど、いろいろな事もあったが、そのたびに団員同士で励まし合ってきた。さらに、「地域の方々など多くの人に感謝しています」とたくさんの支援や励ましに感謝の言葉を述べるとともに、「やってきてよかった」と喜んだ。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 会員募集中! 入会者と紹介者に入会人数分の入会人数分の図書カードかジェフグルメカード1,000円分をプレゼント
ストックバスターズお土産フェア
燕三条じばさん お盆フェア2017 8/11-16
燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com