新潟伊勢丹でNIIGATA越品×燕三条 工場の祭典 (2017.8.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟伊勢丹(新潟市中央区)で開かれている「NIIGATA越品」で、2日から7日までの6日間は10月の本開催を前に「燕三条 工場の祭典」とコラボレーション。参加企業の商品の展示販売やワークショップ、日替わりトークも行って燕三条のものづくりをアピールしている。

 新潟伊勢丹で開かれているNIIGATA越品と「燕三条 工場の祭典」のコラボ
新潟伊勢丹で開かれているNIIGATA越品と「燕三条 工場の祭典」のコラボ

ことしの「燕三条 工場の祭典」に参加する104社のうち、希望した27社が出展。各社のブースに自社製品を展示し、販売している。鎚起銅器、ニッパ型のつめ切り、包丁、桐製品、チタンアクセサリー、食品ではみそ、豆腐、コーヒーなど燕三条地域を代表する商品が並ぶ。

 エントランス
エントランス

毎日、1時間刻みで紙を使ったインテリア、スプーン、ソープカービング、彫金など15種類のワークショップを順番に行い、3日から7日までは毎日、参加企業の代表らによるトークを行う。会場は「燕三条 工場の祭典」を象徴するピンクの斜めストライプで彩られ、「燕三条 工場の祭典」を楽しみしている人をわくわくさせてくれる。

友だちと来場した加茂市の女性は、「燕三条 工場の祭典」の展示ものぞいて見ようと新潟伊勢丹を訪れた。会場で彫金で木の葉のキーホルダーをつくるワークショップに挑戦し、それに飽き足りず講師に頼んではし置きも製作した。自身も布を素材にしたバッグ作りを手掛けており、初めての金属加工に「うまくいくか心配しながら集中してたがねでたたくのは、わくわくしてすごく楽しい」と喜んでいた。

 彫金のワークショップ
彫金のワークショップ

「燕三条 工場の祭典」は燕市の名だたる企業の工場を開放するイベントで、ことしで5年目になる。会を重ねるごとに来場者も売り上げも順調に伸ばし、昨年は農業の「耕場」や販売する「購場」の2つの「KOUBA」も加えて幅を広げ、厚みを増した。ことしは「燕三条 工場の祭典」10月5日から8日までの4日間、開かれる。

地域別の来場者の内訳は、県外4割、燕三条地域3割、燕三条地域を除く県内3割。これまでは代官山の蔦谷書店や六本木のアクシスギャラリーをはじめ主に首都圏でPRを展開してきたが、意外に地元で知られていないことから、ことしは足元の新潟で周知を図ることにした。

鎚起銅器製作の実演も
鎚起銅器製作の実演も

関係者は「本開催とは先立て燕三条の製品にふれ、燕三条のモノに対する思いにふれてほしい。ワークショップは子どもたちの夏休みの宿題にも利用してほしい」と来場を呼びかけている。参加企業は次の通り。

【参加企業】明間印刷所イシモク大岩彫金近藤製作所武田金型製作所MGNETテーエム藤次郎長谷弘工業ほしゆうマルト長谷川工作所/ヤマトキ製作所/レジエ越後味噌醸造嘉平豆腐店/三条果樹専門家集団/三条スパイス研究所フタバひうら農場本町そ菜出荷組合THE COFFEE TABLEツバメコーヒー諏訪田製作所マルナオタダフサ永塚製作所玉川堂

ワークショップタイムテーブル(PDF)

関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com