4泊5日で100kmを歩き抜いた小学生が弥彦体育館にゴール (2017.8.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

ことしで10回目となった「寺子屋つばさ100km徒歩の旅」で、7日に三条市の「いい湯らてい」を出発し、4泊5日をかけて100kmを歩き抜いた小学生81人が11日、弥彦村の弥彦体育館にゴールした。

100kmを完歩して弥彦体育館にゴールした子どもたち
100kmを完歩して弥彦体育館にゴールした子どもたち

寺子屋つばさ100km徒歩の旅のゴールのフォトアルバム

100kmの前半は台風5号の影響をもろに受けた。初日7日の三条は台風5号によるフェーン現象で三条は観測史上3番目に高い気温38.1度を記録。猛暑との戦いだったが、翌8日は大雨警報が発表され、時折降る強い雨のなかを歩いた。

その後は夏らしい猛暑が戻り、最終日11日は最後の大きな試練、弥彦山登山。三条で最高気温30.8度の真夏日のなか、山頂まで歩き抜き、ロープウエーを使って下山。弥彦公園で休憩、昼食を食べてからゴールの弥彦体育館へ向かった。

 弥彦山頂に到着
弥彦山頂に到着

82人で出発してから残念ながら1人が足の関節を痛めてリタイアしたが、それ以外は全員が完歩を成し遂げた。ゴール地点では、例年のように班ごとに「最後で最初のい〜っぽ!」、「ここまで歩けたのは学生スタッフのおかげです」、「寺100で学んだ支え合う心を日常生活でも生かしていきます」と声を合わせてメッセージを言ってゴールテープを切った。

ほとんどの家族にとって5日間も子どもと離れて生活するどころか、子どもの情報からも遮断されて過ごすのは初めての経験。保護者は「おかえりなさい」などと書いたうちわや模造紙を掲げたり、「頑張った!」、「かっこいいよ!」と声をかけたりして子どもを迎えた。

親子も涙、涙
親子も涙、涙

親の姿が見えたら緊張の糸が切れて涙が止まらなくなり、泣きじゃくってメッセージを言えなくなる子もいれば、親に抱きかかえられるようにして歩く子も。仕事で3カ月間、海外に滞在してゴールの日になんとか帰国が間に合ったお父さんは、平然とゴールした子どもに「拍子抜けしました」と笑ったが、帰国したら声変わりしていたことにいちばん驚いていた。

子どもたちの心身を支えた学生スタッフも達成感は半端ではなく、涙を浮かべる学生も多かった。なかには子どもにように泣いて、それを心配した子どもが手を握ったり、背中をさすったりと立場が逆転する場面も。子どもたちと保護者はもちろん、学生スタッフ、実行委員に忘れることのできない夏の記憶を刻んで幕を閉じた。

涙が止まらない学生スタッフを子どもが気遣う
涙が止まらない学生スタッフを子どもが気遣う
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 会員募集中! 入会者と紹介者に入会人数分の入会人数分の図書カードかジェフグルメカード1,000円分をプレゼント
ストックバスターズお土産フェア
燕三条じばさん お盆フェア2017 8/11-16
燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com