三条の小中学生約380人が職業体験 地元の工場や農園、市役所などで (2017.8.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市は18、19日の2日間、子ども向け職業・社会体験施設「キッザニア」と連携した「キッザニアマイスターフェスティバル in 三条」を開き、約380人の小中学生が「ものづくりのまち三条」の現場・工場や農園、市役所などでリアルな職業体験に挑戦した。

 「キッザニアマイスターフェスティバル in 三条」で永塚製作所での職業体験
「キッザニアマイスターフェスティバル in 三条」で永塚製作所での職業体験

2014年から開いており、4回目。初日18日は午前8時半から三条ものづくり学校で開会式を行い、国定勇人市長と来賓、参加する小学生2人と中学生3人が出席。参加者代表の小学校5年大竹結子さんが決意表明を行い、それぞれの仕事場に向かった。

 開会式
開会式

体験は、特派員として体験や見学をしたあとレポートを三条市に提出する「工場を取材する仕事」、鍛冶職人の仕事を体験する「鍛冶職人の仕事」、デザイナーと協力してものづくり制作をする「デザインの仕事」、「三条市の公務員・会社員の仕事」の4つのカテゴリーで、昨年より4コース多い計32コース。申し込みでは定員を上回ったコースも多く、2回目、3回目の参加の子どももいる。

 モノづくり学校内の「ブルエノデザイン室」でホームページ制作体験
モノづくり学校内の「ブルエノデザイン室」でホームページ制作体験

「デザインの仕事」は三条ものづくり学校の仕事場を見学し、デザイナーと協力して制作する2コースを行い、「ホームページ(制作体験)」ではホームページ制作のクライアントとの打ち合わせ、制作、公開までを体験した。

 永塚製作所でごみ拾い用トングの製造を体験
永塚製作所でごみ拾い用トングの製造を体験

「工場を取材する仕事」のひとつ、「トング(トングと環境意識づくり体験)」コースは、移植ごて、清掃用品等金属雑貨製造販売の有限会社永塚製作所=三条市塚野目=で開いた。小学1年生から6年生まで男女5ずつの10人が特派員となって参加。午後1時からの2時間で、プレス機などいくつかの機械を真剣な表情で操作し、同社のごみ拾い用トング「MAGIP(マジップ)」の製造を体験した。

 ごみ拾い用トングでごみ拾いも体験
ごみ拾い用トングでごみ拾いも体験

さらに、それぞれが作った「マジップ」を手に、能勢直征社長とともに周辺のごみ拾いを行った。能勢社長は、プラスチックやたばこのフィルターは自然に返らないと教え、「ものを作る楽しさとともに、ごみ拾いで環境に興味をもってほしい」と話した。

小学6年藤崎陸仁さんは体験を終えて、「暑いなか、機械の前でプレスの作業をするのは大変なことだと思った」、「自分のトングを作るところが楽しかった」と、仕事やものづくりへの興味を深めていた。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


9月24日(日)いい湯らてい大感謝祭 nintendo Switchのプレゼントも!
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 会員募集中! 入会者と紹介者に入会人数分の入会人数分の図書カードかジェフグルメカード1,000円分をプレゼント
燕三条相続サポートセンター・0120-339-283
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com