三条と燕・弥彦消防合同の消防防災・救急フェアに3千人 (2017.9.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市消防本部と燕・弥彦総合事務組合消防本部は合同で10日、三条防災ステーションで消防防災・救急フェアを開き、昨年より500人少ない3,000人(主催者発表)が来場し、ちびっこ消防隊やはしご車搭乗体験など、子どもたちは消防士になりきって楽しんだ。

初めて三条防災ステーションを会場に開かれた三条市消防本部と燕・弥彦総合事務組合消防本部合同の消防防災・救急フェア
初めて三条防災ステーションを会場に開かれた三条市消防本部と燕・弥彦総合事務組合消防本部合同の消防防災・救急フェア

1日の「防災の日」と9日の「救急の日」にちなんで毎年、開いている。秋晴れに恵まれで親子での来場が多かった。ちびっ子消防隊、ちびっ子救助隊、ミニ消防車「まもるくん」、濃煙体験、支援車や高規格救急車展示、はしご車搭乗体験など、さまざまなコーナーを体験して回った。

はしご車の搭乗体験をした三条市の6歳の男の子は、「うち(自宅)が見えて、びっくりした」、「怖くなかったよ」と楽しみ、なりたい職業に消防士が「ちょっとある」と話していた。

ミニ消防車「まもる君」に試乗
ミニ消防車「まもる君」に試乗

今回は、会場をこれまでのイオン県央店駐車場から三条防災ステーションに初めて移した。昨年までにように買物ついでに立ち寄る人はなかったので来場者数が昨年を下回ったのかもしれないが、今回は駐車スペースの心配はなく、天気もよかったのでゆったりと過ごせたようだ。

ちびっこ救助隊
ちびっこ救助隊

はしご車搭乗体験
はしご車搭乗体験

消防車に試乗
消防車に試乗

水消火器で消火訓練
水消火器で消火訓練

AEDの操作を学ぶ
AEDの操作を学ぶ
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


株式会社ティーケーネットサービス

サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com