荒木大輔さんとつば九郎が稲刈りやトークショーで来燕 (2017.9.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2010年から東京ヤクルトスワローズとの交流・連携事業に取り組む燕市で16日、稲刈りイベント「スワローズライスファーム2017」が行われ、燕市PR隊鳥のスワローズマスコットキャラクター「つば九郎」が飛来し、元スワローズの投手、荒木大輔さんによるトークショーも行われる。

スワローズライスファームの稲刈りイベント
スワローズライスファームの稲刈りイベント

稲刈りは道の駅そばの田んぼで行った。約100人が参加し、田んぼ1枚の4分の1ていどをかまを使って手で刈った。台風18号が迫るなか、さわやかな秋晴れに恵まれ、人海戦術で30分余りで作業を完了した。

稲の束にしてつかんでかまを引いてザクッと刈る。緑のスワローズのウエアを着た荒木さんも手刈りに挑戦し、「気持ちいいですよ」と笑顔。関係者に「この田んぼでどれくらいコメがとれるんですか?」と質問していた。

荒木大輔さんも稲刈りに参加
荒木大輔さんも稲刈りに参加

午後からは荒木大輔さんのトークショー。三条市下田地区出身のよしもと芸人、関田将人さんを進行役に屋外特設ステージで行い、今シーズンのプロ野球の情勢、スワローズの現状などについて話し、約100人が聴き入っていた。

荒木大輔さんは母の実家が小千谷市にある。ケンオー・ドットコムの取材に対し荒木さんは、子どものころから小千谷市を訪れることがあり、今もコメを送ってくれるので家では新潟のコメを食べていると話した。スキー場に友人がいるので毎年のように新潟を訪れているが、燕三条地域を訪れたのは初めてで、数年前に燕市の存在を知った。

トークショーの荒木大輔さん
トークショーの荒木大輔さん

新潟のイメージは、とにかく食べ物がおいしいということ。古巣スワローズでコーチを務めたこともあり、今はテレビでのプロ野球解説や新聞評論を中心に活動しているが「いつでもユニホームを着る準備はある」と話した。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


株式会社ティーケーネットサービス

サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com