工場の祭典にあわせて山谷産業が実店舗「村の鍛冶屋 SHOP」オープン (2017.10.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

ECサイト「村の鍛冶屋」を運営し、燕三条製品を中心に販売する株式会社山谷産業(山谷武範社長・三条市北入蔵)が5日、「燕三条 工場の祭典」にあわせて実店舗の「村の鍛冶屋 SHOP」をオープンした。

山谷産業がオープンした実店舗「村の鍛冶屋 SHOP」で山谷社長
山谷産業がオープンした実店舗「村の鍛冶屋 SHOP」で山谷社長

「村の鍛冶屋 SHOP」は、このほど新築した社屋の一部に約50平方メートルの店舗をオープン。店舗のイメージを「倉庫」として、工場の祭典を監修するmethodの代表、山田遊氏が商品セレクトや店舗デザインなどの全体監修を行い、店舗デザインは、中川政七商店の大日本市を手掛けるABOUTの佛願忠洋氏が担当した。

店内に入ると目に飛び込んでくるのは、システムキッチン風の什器什器(じゅうき)。鍋や包丁、コーヒー関係、ジェラートなどが並び、この場所でコーヒーをいれたり、包丁の試し切りをしたりできる。屋外でペグやくわを試すこともできる。

山谷産業の売れ筋商品の鍛造ペグ
山谷産業の売れ筋商品の鍛造ペグ

そのほか、同社の創業時から取り扱う漁具、現在の売れ筋のアウトドア用品、鍛造ペグをはじめ、包丁、キッチン用品、園芸用品、スノーダンプなどが並ぶ。

床はコンクリートの打ちっぱなし、入口や壁面にも大きなガラスを使った自然光の入る明るい店内。照明は、天井から下がる大小さまざまなスポットライトで照らす。商品は、同社の取り扱う約20,000点から1,000点余りをセレクト。ほとんどが燕三条製、もしくは燕三条の問屋が取り扱う製品だ。

屋外には築山があり、今後、植栽などで整備される予定で、ペグやくわの試用もできるようになる。

「村の鍛冶屋 SHOP」の外観
「村の鍛冶屋 SHOP」の外観

「職人と使用する人を結びつける役割を担いたい」と掲げる同社の山谷社長は、これまではインターネット上で見ていた商品を、手に取ってもらいたいと言う。さらに、このショップは店舗ではあるものの、その空間をどんなふうに使えるのか、始めてみないとわからないとし、「自分の想像を超えるような使い方ができたら」と期待する。

また、5日から8日までの「燕三条 工場の祭典」では、購場(KOUBA)として参加。「ペグハンマーづくり」、ペグハンマーなどへの「手描きイラスト名入れ」のワークショップも行っており、6日夜はレセプションも行い、ピンクストライプのプロジェクションマッピングも施す。いずれも有料。村の鍛冶屋SHOPの営業は、午前10時から午後4時まで。日曜と祝日は休み。

関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


株式会社ティーケーネットサービス

サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com