燕三条人間力大賞で8人表彰 市民賞に永塚製作所の能勢直征さん (2017.10.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

ことしで設立20周年になった一般社団法人燕三条青年会議所(関義実理事長)は8日、初めて燕三条人間力大賞表彰を行い、8人を表彰。そのうち有限会社永塚製作所社長の能勢直征さん(49)が来場者の投票による市民賞に輝いた。

燕三条青年会議所の関理事長(左)から燕三条人間力大賞市民賞を能勢能勢直征さん
燕三条青年会議所の関理事長(左)から燕三条人間力大賞市民賞を能勢能勢直征さん

燕三条青年会議所の「誕生の日」イベントとして8日、燕三条地場産業振興センターで行われた燕三条コンファレンスのなかで燕三条人間力大賞の表彰を行った。人間力のあふれる人財を知り、その使命感や志の高さにふれることでまちづくりに対して当事者意識をもつことを目指すもの。日本青年会議所は1987年から人間力大賞の表彰行っており、その燕三条版ともいえる。

推薦などで17人のエントリーがあった。一次審査を行って8人の受賞者を決めた。表彰式では受賞者がひとりずつ順にプレゼンテーションを行い、見学に訪れた市民ら100人ほどが最も素晴らしい活動を行っていると思う受賞者1人に投票し、最も得票の多かった能勢さんを市民賞に決め、それぞれ関理事長から賞状を手渡した。

燕三条人間力大賞受賞者の全列左から能勢直征さん、長谷川晴生さん、後列左から斎藤広幸さん、小林香織さん、田辺夏江さん、本間俊明さん、白鳥賢さん、結城靖博さん
燕三条人間力大賞受賞者の全列左から能勢直征さん、長谷川晴生さん、後列左から斎藤広幸さん、小林香織さん、田辺夏江さん、本間俊明さん、白鳥賢さん、結城靖博さん

能勢さんは自社製品のごみ拾い用トング「MAGIP」を生かし、おしゃれで楽しいごみ拾いを提案、実践し、趣味のサーフィンから環境問題にも取り組んでいる。そのほかの大賞受賞者は次の通り。敬称略。

  • 本間俊明=株式会社なごみ(高齢者デイサービス)代表取締役 様
  • 結城靖博=有限会社魚兵代表取締役・Connectlon代表・まちづくり事業部
  • 斎藤広幸=三条ものづくり学校事務局長
  • 小林香織=NPO法人車いすダンススポーツ連盟・新潟支部公認インストラクター
  • 田辺夏江=燕三条ラーメン王国・カレーラーメン体操マスター
  • 長谷川晴生=三条鍛治道場館長
  • 白鳥賢=有限会社四季の定期便・野菜の食卓ベジテーブル代表取締役・三条政経塾塾頭
関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


株式会社ティーケーネットサービス

サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com