ドイツ人禅僧ネルケ無方氏の仏教とキリスト教の“二つの魂”で講演 (2017.10.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

ドイツ生まれで兵庫県美方郡新温泉町・曹洞宗安泰寺の住職、ネルケ無方(むほう)氏を講師に9日、三条市中央公民館で三条市仏教会(福井憲雄会長)主催、三条法輪会(重田祥鑑会長)主管の第46回仏教文化講演会を開かれ、300人あまりが来場して「仏教とキリスト教 ドイツ人禅僧の“二つの魂”」をテーマに聴講した。

第46回仏教文化講演会で講演する安泰寺住職のネルケ無方氏
第46回仏教文化講演会で講演する安泰寺住職のネルケ無方氏

ネルケ無方氏は生い立ちから話した。1968年にドイツの西ベルリンに生まれ、教会で牧師だった祖父の手によってキリスト教の洗礼を受けた。7歳で母と死別し、どうせ死ぬのなら何のために生きるのか、人生の意味は何だろうと思うようになった。

14歳でキリスト教の堅信という儀式があったが、神を信じることができなかった。16歳で座禅と出合い、「初めて自分の体を発見した」、「首より下の姿勢が変わると自分の気持ちが変わる」、「初めて自分の呼吸に気づいた」。

ホワイトボードに漢字も書いて講演
ホワイトボードに漢字も書いて講演

座禅にひかれ、大学で哲学と日本学を専攻し、在学中に1年間、日本で留学し、安泰寺に上山して半年間の修行体験。帰国後に大学を修士課程で卒業し、再び安泰寺に入門したことなどを写真も映しながら話した。

流ちょうな日本語で話し、ホワイトボードには漢字も書いた。午後2時半の開演だったので「今はお昼寝の時間」、後半の方が難しい話になるので「後半はゆっくり眠ってください」と冗談で笑わせた。来場者は年配の人が多かったが、すぐにネルケ無方氏がドイツ生まれであることを意識しなくなり、講演に聴き入っていた。

関連リンク
  • 安泰寺 - ネルケ無方(新しいウィンドウで開く)s
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


株式会社ティーケーネットサービス

サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com