小6のキラー・カンの卒業写真 (2017.10.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市は29日まで三条市厚生福祉会館で「三条市名誉市民 ジャイアント馬場 顕彰記念展」を開いているが、29日まで燕市総合文化センターで開かれている燕市郷土史研究会連合会主催の「昭和の燕写真展 燕・吉田・分水」に展示されている写真のなかにかつてジャイアント馬場さんとともに日本プロレスに所属した旧吉田町出身のキラー・カン(本名・小沢正志)さん(70)の子ども時代の写真が1点、展示されている。

吉田小学校6年1組の卒業写真に写るキラー・カンこと小沢正志さん
吉田小学校6年1組の卒業写真に写るキラー・カンこと小沢正志さん

昭和33年度の吉田小学校6年1組の卒業写真のなかに写っている。もちろん最後列で、いちばん右に立つのが当時の小沢正志さん。となりの同級生より頭半分ほど背が高く、目が悪かったのかめがねをかけているように見える。

キラー・カンさんは大相撲・春日野部屋に入門したが、伸び悩んで1970年に廃業。翌71年にジャイアント馬場さんも所属した当時唯一のプロレス団体だった日本プロレスに入門。72年にジャイアント馬場さんは全日本プロレスを旗揚げする一方、73年にキラー・カンさんは新日本プロレスへ移籍してたもとを分かった。

キラー・カンさんはモンゴル人プロレスラーという設定で、モンゴリアン・チョップを得意技に人気を集めた。プロレスラー引退後は都内で飲食業を経営し、今は新宿区で「居酒屋カンちゃん」を経営する。2013年には燕市PR大使に任命され、再びふるさとでその名を知られるようになっている。

一方、ジャイアント馬場さんは昨年、三条市の名誉市民となっており、プロレス草創期にリングで輝きを放った三条市と燕市から生まれた2人の名プロレスラーの功績がふるさとで称賛を集めている。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com