燕市長定例記者会見 図書館蔵書の学級文庫パック 東京ヤクルトスワローズ主力選手による小学生野球教室 燕市のマンホールカード (2017.11.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

鈴木力燕市長は29日、定例記者会見を行い、図書館蔵書の学級文庫パックのスタート、東京ヤクルトスワローズ主力選手による小学生野球教室の開催、長野五輪スピードスケート500mで金メダルの清水宏保氏による講演会、燕市のマンホールカード誕生など10項目を発表した。

定例記者会見する鈴木燕市長
定例記者会見する鈴木燕市長

学級文庫パックは市内小学生から「市長への手紙」で「学校でも図書館の本を自由に読みたい」と希望あったのを受けて、図書館の蔵書をセットにして学校に貸し出す。低学年用、中学年用、高学年用を分け、読書を楽しめるような読み物を中心に選書した30冊ていどをセットにした学級文庫パックをつくり、学校からの申し込みを受けて図書館から学校へ貸し出すもので、21日にスタートした。

学級文庫パックにない本でも小学校からリクエストがあれば貸し出す。鈴木市長は「ここに至るプロセスが大事」と、小学生の勇気をもって「市長への手紙」を出した願いが実現し、形になったことを喜んだ。

東京ヤクルトスワローズ主力選手による小学生野球教室は、12月9日午前9時から正午までスポーツランド燕で「つばめ野球クリニック」として開く。スワローズから昨年に続いて石川雅規選手と雄平選手、それに加えて中村悠平選手が参加する。さらに午後2時から3時まで分水公民館で同じ3人をゲストにトークショーを行う。入場は無料だが入場整理券が必要で、11月30日正午から燕市役所地域振興課と燕市体育センターで1人2枚まで配布する。

12月9日配布開始の燕市のマンホールカードと採用された旧分水町時代からのマンホールのふた
12月9日配布開始の燕市のマンホールカードと採用された旧分水町時代からのマンホールのふた

スピードスケートの清水宏保氏による講演会は、来年1月20日午後2時から燕三条地場産業振興センター・リサーチコアでスポーツ指導者研修会として開く。定員200人、受講は無料。

燕市のマンホールカードは、下水道広報プラットホームによるマンホールカード第6弾が12月9日に全国64自治体の66種が新たに発行される。そのなかで燕市にある4種類のデザインのマンホールのふたのうち、旧分水町時代から使われているふたが採用された。

12月9日から道の駅「国上」で無料配布し、発行を記念してマンホール缶バッジを先着100人にプレゼントする。三条市のマンホールカードは燕市より早くことし8月1日導入の第5弾で発行されたが、そもそも申請は燕市の方が早く、晴れて燕市も採用になった。発表項目は次の通り。

  1. 図書館の蔵書を小学校に貸し出す「学級文庫パック」をスタート〜図書館の蔵書が小学校でも読めるようになります
  2. 燕ジュニア検定 過去最高の16名がAクラスで満点を獲得〜12月9日に表彰式を行います
  3. 第5回「つばめっ子かるた大会」を開催〜幼児の部・小学生の部あわせて80チームを募集します
  4. 親子で学ぶ防災バスツアーを実施〜中越地震の被災現場や展示資料館を巡り防災の大切さを学びます
  5. 東京ヤクルトスワローズ主力選手を招き小学生野球教室を開催〜同日午後、選手によるトークショーを行います
  6. 平成29年度スポーツ指導者講習会を開催〜長野五輪金メダリスト 清水(しみず) 宏保(ひろやす) 氏を迎えて講演会を行います
  7. 中小企業の次世代経営者に向けたビジネスセミナー第3弾を開催〜次の時代を生き抜く経営戦略を学びます
  8. 子ども・若者支援に関わる人のためのスキルアップセミナーを実施〜子どもや若者たちと心でつながる手法を学びます
  9. 燕市のマンホールカードが登場〜道の駅「国上」で12月9日から配布します〜
  10. 「燕市ダーツの旅」第7弾を本日公開〜職場体験の中学生3人が「吉田上町」を訪問しました
関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


お客様の鍬を修理いたします。相田合同工場
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com