「くるまふラスク」にチョコレート味が登場 (2017.12.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕三条地場産業振興センターが「道の駅 燕三条地場産センター」と燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」で販売する人気土産品の焼き菓子「くるまふラスク」に加えて14日、冬季限定のチョコレート味の販売を開始した。

燕三条地場産センターと燕三条Wingで新たに販売している「ふるまふラスク」のチョコーレト味
燕三条地場産センターと燕三条Wingで新たに販売している「ふるまふラスク」のチョコーレト味

「くるまふラスク」は、パンの代わりにドーナツのような形をした三条名物の「車麩(くるまふ)」を使った焼き菓子「ラスク」。燕三条地場産業振興センターでは以前から「レストランメッセピア」で提供していたが、2016年から「くるまふラスク」の名称で小売用に商品化。これまでに味が異なる6種類を販売している。

いずれも燕三条地場産業振興センターが企画、販売し、製造を株式会社ヤマトヤ(土屋静雄代表取締役・三条市条南町)に委託してきたが、今回はすべてヤマトヤで手掛けた独自商品。店頭では1日から販売している。

直径5センチほどの車麩に砂糖とバターを塗って低温で焼き上げたラスクにチョコレートをかけ、ローストアーモンドをちりばめた。チョコは溶けてくっつきやすいので個別包装し、7個入りで税込み430円。チョコレートは味が想像しやすいこともあるのか、これまでの商品並みかそれ以上の売れ行きだ。

燕三条Wingは「くるまふラスク」2個買い上げでクリスマスデザインのラッピングバッグ1個をプレゼント
燕三条Wingは「くるまふラスク」2個買い上げでクリスマスデザインのラッピングバッグ1個をプレゼント

燕三条Wingでは、くるまふラスク2個の買い上げにつきクリスマスデザインのラッピングバッグ1個をプレゼントしており、利用を呼びかけている。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com