三条中央青果で新春初市式典と初競り (2018.1.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

県央地域の台所を預かる株式会社三条中央青果卸売市場(青柳茂社長・三条市上須頃)は、5日午前7時から新春初市式典と初競りを行って新しい年をスタートした。

三条中央青果卸売市場の新春初市式典
三条中央青果卸売市場の新春初市式典

式典には、国定勇人三条市長、兼古耕一三条商工会議所会頭、吉田文彦JAにいがた南蒲経営管理委員会会長をはじめ、原邦夫JA新潟みらい代表理事理事長、菊田真紀子衆議院議員など来賓と市場関係者、生産者、流通業者、同社社員など約200人が参列した。

青柳社長から国定市長に寄付目録の贈呈
青柳社長から国定市長に寄付目録の贈呈

青柳社長のあいさつや来賓祝辞に続き、三条市への寄贈品を贈呈した。同市場から宝船1そう、ミカン100箱、リンゴ50箱、バナナ30箱。県央食品卸売センターから卓上味付けのり90本を贈り、青柳社長と塩野谷初一センター長から国定市長に目録を手渡した。寄贈品は、市内の福祉施設に届けられる。

初競りで市場に活気が戻る
初競りで市場に活気が戻る

毎年5日に初競りを行っている。明け方の三条は氷点下の厳しい冷え込みで、午前7時の気温は0.0度。駐車場の水たまりは氷が張り、開けっ放しの場内も凍える寒さだった。

競りが始まると競り人の威勢のいい声が響き、市場は一気に活気づいた。キャベツやカブ、ホウレンソウ、ゴボウなどが次々と競り落とされ、小売りや卸売業者は新鮮な野菜や果物を一刻も早く消費者に届けようと台車やフォークリフトで車に積み込んでいた。

三条市への寄贈品
三条市への寄贈品

同市場によると、初競りの野菜、果物とも年末に引き続き高値の状態。低温の影響と、明日からの連休明けに出荷を開始する生産者も多いことなどから商品が少な目だった。低温の影響はしばらくありそうで、1月下旬まで高値が続くのではと話していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com