「110番の日」にちなんで幼稚園児が「いかのおすしダンス」 (2018.1.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

1月10日の「110番の日」にちなんで燕署(藍澤洋一署長)は18日午前10時から燕市立燕北幼稚園(長谷川等園長・園児25人)で「110番教室」を開き、「いかのおすしダンス」をみんなで踊るなどして楽しく犯罪に合わないための約束事を学んだ。

「いかのおすしダンス」を踊る燕北幼稚園の園児
「いかのおすしダンス」を踊る燕北幼稚園の園児

毎年「110番の日」にあわせて管内で子どもを対象にした110番教室を行っており、昨年は燕西小で行った。今回は燕署から燕北幼稚園を対象に「いかのおすしダンス」を提案した。

「いかのおすし」は、不審者に会ったときの対応を10年以上前に警視庁と東京都教育庁が標語にしたもの。「いかない」、「らない」、「おきな声を出す」、「ぐ逃げる」、「らせる」の頭の文字をくっつけて「いかのおすし」。子どもたちにも覚えやすくそれを歌とダンスにした「いかのおすしダンス」もつくり、動画を公開している。

不審者に対応する訓練
不審者に対応する訓練

園児は全員が自分で塗り絵したイカの面を頭に着けて参加した。燕署員もイカの面を着けてイカのイメージで白い衣装。県警マスコットキャラクターのひかるくんとひかりちゃんも参加した。

ダンスは園児が踊りやすいように幼稚園教諭がアレンジした。歌詞には標語が読み込んである。1回しか練習していないのに、園児はしっかり踊りを覚えていて、声をそろえて標語を大きな声で歌った。

ひかるくんとひかりちゃんは園児に大人気
ひかるくんとひかりちゃんは園児に大人気

ほかにも2人の園児が不審者役の署員に対し「行かない!」と断る練習やみんなで「助けて!」と叫ぶ練習も行い、遊び感覚で自分の身を守る方法を身につけた。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com