西鱈田小で地域が一体になってさいの神まつり (2018.1.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市立西鱈田小学校(前田綾子校長・児童203人)とPTA、地域コミュニティ「ほんじょうじほなみコミュニティ」(内山重信会長)は14日、西鱈田小で恒例の小正月行事「さいの神まつり」を開き、児童親子や地域の人たち約500人が参加して、燃え上がる炎に習字の上達や1年の健康と安全を願った。

西鱈田小で行われたさいの神まつり
西鱈田小で行われたさいの神まつり

同校のさいの神は、1986年にPTAが主体となって毎年、行っている地域の冬の風物詩。雪で覆われたグラウンドには、高さ5メートル以上の大きなさいの神を中央に設置し、それより小さ目の約2mが3基の計4基のさいの神が並んだ。

ほんじょうじほなみコミュニティの会員が、前日に近くの長嶺の山から切り出した60本のタケを使って骨組みを作った。午前中に5、6年生が同コミュニティの会員やPTAの指導を受けて、わらを編んで作った「トバ」を巻きつけ、全校児童が始業式の日に書いた書初めをはさみ込んだ。

「トバ」作り
「トバ」作り

「もぐら追いの歌」を歌ってから火を放つと、めらめらと燃え上がり、児童の書き初めも青空高く昇っていった。さいの神を囲んだ参加者は大きくなる炎を見つめ、「健康でいられますように」、「字が上手になりますように」と願った。

火の勢いが収まったところで、いっせいにタケの棒の先につけたスルメをあぶった。スルメは同校教諭やPTAがこの日の朝から針金で棒に取り付ける作業を行い、500本を用意した。香ばしい匂いがしてくると、「おいしい!」、「それ焼きすぎ」、「あっち〜」と、子どももおとなも笑顔で縁起物を味わった。

さいの神の外側に児童の書き初め
さいの神の外側に児童の書き初め

3月は卒業を迎える6年生児童は、「スルメはことしこそ焦がさないように気をつけた」と言い、「6年間、最後のさいの神も楽しく終えることができてよかった」と話していた。

関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


社会福祉法人どれみ福祉会 企業主導型保育園「どれみっこ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com