燕市出身の瀬倉春陽選手ら女子サッカー選手が三条でサッカー指導 (2018.1.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条ライオンズクラブ(関勉会長)は21日、三条市下田体育館で第2回三条ライオンズクラブサッカー教室を開いた。小学生から高校生などサッカー女子約100人が参加し、新潟が拠点の日本女子サッカーリーグに所属する女子サッカーチーム「アルビレックス新潟レディース」の選手やコーチとともにトレーニングを行った。

第2回三条ライオンズクラブサッカー教室
第2回三条ライオンズクラブサッカー教室

三条ライオンズクラブと三条市サッカー協会主催、三条市サッカー協会女子委員会と県央地域を中心とした女子サッカーチーム「セントヴィゴーレGFC」主管の「三条ライオンズクラブ杯争奪第11回三条市サッカー協会女子フットサル大会」とともに開かれた。

アルビレックス新潟レディースの瀬倉春陽選手、中村楓選手、山谷瑠香選手、高橋智子選手の4人と、山本亜里奈コーチが参加。山本コーチの指導のもと、ボールを使った複数のトレーニングや3分間のフットサルの試合をプロ選手とともに行った。

燕市出身のアルビレックス新潟レディースの瀬倉春陽選手
燕市出身のアルビレックス新潟レディースの瀬倉春陽選手

瀬倉選手は、燕市(燕南小、燕中)出身で、エルファ燕Jrや大会主管のセントヴィゴーレGFCのOG。高橋選手は新潟市出身で同大会に出場したこともあり、参加者にとっても身近な存在だった。

教室の最後は、各選手が参加した子どもたちにメッセージを贈った。「9年前、ここで試合をした」という瀬倉選手は、「自分ももっと頑張るので、皆さんも頑張ってください」。ほかの選手からは、「みんなが頑張っている姿をみて、今シーズンも頑張りたいと思いました。機会があったら試合を見にきてください」と話していた。

左から瀬倉春陽選手、高橋智子選手、中村楓選手、山谷瑠香選手
左から瀬倉春陽選手、高橋智子選手、中村楓選手、山谷瑠香選手

気さくに子どもたちに声をかけるプロ選手に、参加した子どもたちは目を輝かせた。教室のあとはサッカーボールやウインドブレーカーにサインをしてもらったり、握手をしてもらう行列ができ、「うれしかった」とサッカー選手への夢を強くした小学生もいた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com