弥彦線の踏切で立ち往生した車と列車が衝突 (2018.1.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

26日夜、燕市内でJR弥彦線の踏切のわだちにはまって立ち往生した車が列車とぶつかる事故があった。この事故によるけが人はなかった。

事故のあった見対第二踏切
事故のあった見対第二踏切

午後6時44分に110番通報があり、燕市吉田吉栄地内のJR弥彦線・見対(けんたい)第二踏切で軽自動車と東三条駅発吉田駅行きの3両編成の上り普通列車がぶつかった。

事故のあった見対第二踏切
事故のあった見対第二踏切

見対第二踏切は西燕駅と吉田駅の間の田んぼの真ん中にある。軽自動車を運転していたのは、仕事を終わって帰宅途中の新潟市西蒲区に住む20歳代の男性。すぐ前を同僚が運転する四輪駆動車が走っていて燕市役所方向から吉田ふれあい広場方向へ向かって見対第二踏切を横断しようとしたところ、同僚の四輪駆動車は踏切を通過できたものの、軽自動車は線路のわだちにはまって動けなくなった。

踏切から約200メートル先で停車した列車
踏切から約200メートル先で停車した列車

踏切には警報ボタンがなく、軽自動車を踏切から脱出させようとしていたところ、列車がやってきた。列車の運転手はブレーキをかけたが間に合わず、踏切で軽自動車とぶつかってから200メートルほど先で停車した。

踏切から約200メートル先で停車した列車

列車の左前部とぶつかった軽自動車は前部が大破し、田んぼに転落したが、運転していた男性は車から降りていて無事だった。列車の運転手と乗客58人にもけがはなかった。乗客は見対第二踏切まで線路上を歩いて戻り、1人が歩いて帰ったほかは、燕市が用意したマイクロバスに乗車してJR吉田駅へ送り届けた。

事故後、踏切では圧雪をつるはしで環ってはがす作業が行われた。圧雪は厚いところで10センチ以上あった。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2018年3月の“朝カフェ”は、僕だけが知る胡瓜のこと、あなただけに伝える。お申し込み受付中!。会場:ひうら農場(燕市吉田)。開催日:3月11日。時間AM9:00〜12:00。「asa cafe」tsubamesanjo style cafe
越後つばめ天神講 菅原道真の命日2月25日は燕名産の天神講菓子を備えて道真公をおまつりしましょう
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com