本成寺の節分大祈願会で販売するくじ入り福豆約2.8万袋を袋詰め (2018.2.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

「節分」の2月3日に三条市・法華宗総本山本成寺で行われる節分大祈願会を前に1月31日、同寺の檀信徒でつくる本成寺婦人会(渡辺睦子会長)は、参拝者に販売するくじ入りの福豆約2万8,000袋の袋詰めを行った。

福豆の袋詰めを行う本成寺婦人会
福豆の袋詰めを行う本成寺婦人会

大雪で下田地区や市外など遠方の会員に欠席が目立ち、例年より少なめな婦人会会員約50人が参加。男性の世話人約30人も参加し、午前9時から作業した。ことしは節分が土曜にあたり、平日より参拝客が多いと見込まれることから、福豆の数を1割ほど増やした。

会員は白いかっぽう着に「本成寺婦人会」とあるたすきが制服。「福豆」と印刷された白い紙袋に、豆の入った透明の袋とくじを入れ、セロハンテープで止め、手際よく行った。袋詰めされた福豆は、抱えきれないほど大きなざるに次々と入れられ、たくさんたまると世話人の男性が回収する分担作業だ。

福豆に入っているくじの景品
福豆に入っているくじの景品

節分大祈願会の当日は、午前9時45分からくじ入りの福豆を1袋100円で販売する。景品は、事業所から寄付された品物や購入した物で、自転車やテレビ、布団、ソファー、ストーブ、コメをはじめ、花の種やポケットティッシュなど空くじなしで当たり、ことしはドローンも当たる。

大祈願法要と豆まき鬼踊りは午後1時からと3時からの2回、行われる。三条市防災センターで、同駐車場と赤門間を結ぶ無料のシャトルバスが、午前10時から午後4時半ころまで運行される。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com