ことし初の燕三条「畑の朝カフェ」は雪原のビニールハウスで収穫体験と炊き込みご飯 (2018.2.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2018年最初の燕三条「畑の朝カフェ」が25日、三条市岩淵の内山農園で開かれる。今回の記録的な大雪で会場となる農園のビニールハウスも雪に埋まったが、雪の風情もあわせて楽しんでもらおうと準備を進めている。

収穫体験をするコマツナの内山農園のビニールハウスで内山さん
収穫体験をするコマツナの内山農園のビニールハウスで内山さん

午前9時半から11時半まで開き、ビニールハウスの中でコマツナとカブを収穫体験し、内山農園産野菜を使ったスープやトマト風味の炊き込みご飯を味わってもらう。今回は初めて三条市の日本料理の「遊亀楼 魚兵」が料理で協力する。

内山農園はJR帯織駅と市役所栄庁舎の中間の田んぼの中にある。5日から降り続いた大雪で収穫体験会場になるビニールハウスの消雪用の地下水がかれて出なくなった。手作業で除雪を続けたが降雪の勢いに追い付かず、雪に埋まっていった。8棟のビニールハウスのうち3棟はビニールを切り、1棟はビニールをはがすなどして、なんとか倒壊をまぬがれた。

雪の重みで倒壊しないようにビニールを切ったビニールハウスは雪が入った
雪の重みで倒壊しないようにビニールを切ったビニールハウスは雪が入った

14日は晴れ間が広がったが、ビニールハウスは2メートル近い雪に埋もれたまま。内山さんはそんな農業の現状を見てもらうとともに、銀世界から一歩、ビニールハウスに入ると青々と育つ野菜やイチゴ、キンカンの摘み取りも楽しんでもらおうと準備している。

燕三条「畑の朝カフェ」では、テーブルやカトラリーに燕三条地域の企業の製品を用意。農商工の連携も燕三条ならではの魅力を伝える大きな力だ。参加費は1人3,200円。

雪原に建つビニールハウス
雪原に建つビニールハウス

すでに第1回内山農園開催の申し込みは締め切っているが、ケンオー・ドットコム読者限定の電話受付の特別枠を設け、先着2、3人の申し込みを電話だけで受け付け、希望する人は電話で「ケンオー・ドットコムを見た」と伝えて申し込む。申し込みや問い合わせは事務局の燕三条地場産業振興センター燕三条ブランド推進課(電話:0256-36-4123)へ。締切は16日午後5時まで。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com