アレルゲンフリーのローチョコレート作りに親子15組が挑戦 (2018.2.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市児童研修館「こどもの森」で10日、牛乳や卵のアレルギーがあっても食べられるローチョコレート作る講座が開かれた。親子15組が参加し、初めて味わうチョコレートに子どもたちは大感激だった。

燕市児童研修館「こどもの森」で開かれた「自分で作る!ローチョコレート講座」
燕市児童研修館「こどもの森」で開かれた「自分で作る!ローチョコレート講座」

講師は長岡市で工房「ローチョコレート Petit-lys(プティリス)」代表のローチョコレートクリエイター小黒小百合さん。ローチョコレートは「ロー(Raw・生)」の意味で、ポリフェノールやビタミンE、ミネラルなどを多く含む低温加工のローカカオ豆から作る。卵、乳、小麦、落花生、白砂糖を使わず、結果的にアレルゲンフリーのチョコレートだ。

講座は燕市内の食物アレルギーのある子どもをもつ親を中心につくる「燕アレルギーっ子クラブ」(落合智子代表)が協力。定員の15組を上回る参加申し込みがある人気だった。

講師のローチョコレートクリエイター小黒小百合さん
講師のローチョコレートクリエイター小黒小百合さん

ローカカオバターとローカカオパウダー、ハチミツに加えて味を引き締める塩も使い、最後に型に流し込んでハート、星、ドーナツなどをかたどったチョコレートが完成した。

主に卵と乳にアレルギーのある6歳の二女と参加したお母さんは「ずっとつまみ食いしててすごくうれしそうだった」と喜んだ。長女にアレルギーがあったので、離乳食を始める生後60日で行ったアレルギー検査でアレルギーが見つかった。

親子で真剣に取り組む
親子で真剣に取り組む

友だちはバレンタインデーにチョコレートをやり取りするようになったが二女は食べられず、代わりにイチゴをやりとしたことも。二女はチョコレートを食べたのは、この日が初めて。「(二女は)今までチョコレートの味も知らなかったと思います」と言い、「おうちでもローチョコレートを作ってあげたい」と我慢させていたチョコレートを二女に食べさせてあげらることを喜んでいた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com