燕市内の園児が天神講菓子を味わって道真に願い託す (2018.2.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

“天神(てんじん)”とも呼ばれる学問の神さま、菅原道真の命日の2月25日、各地で学業成就などを願う行事「天神講」が行われる。全国的にも珍しい天神講に供える菓子が作られている燕市では、市内21の公立保育園・こども園すべてが天神講のつどいを行っており、23日は燕市立よしだ保育園(高橋典子園長・園児208人)が天神講のつどいを行った。

天神講菓子を食べるよしだ保育園の園児
天神講菓子を食べるよしだ保育園の園児

燕市は2010年から天神講の菓子のPRに取り組んでいる。以前は天神講行事を行っていない保育園、こども園もあったが、今ではすべての施設に広がり、市内の子どもたちなら誰もが知っている年中行事のひとつになった。各施設では道真に学業成就や健やかな成長を願ってお参りし、道真の絵を描く。

道真について園児に話す高橋園長
道真について園児に話す高橋園長

よしだ保育園では、遊戯室に道真の掛け軸を下げ、天神やタイ、招き猫などをかたどった生菓子と金花糖の天神講、園児が使っているノートを供えた。掛け軸はそれまでコピーだったが昨年、ちゃんとした掛け軸を新調した。

掛け軸の道真を描く
掛け軸の道真を描く

高橋園長は道真が幼いころから頭がよく、弓も得意でさまざまなことにたけていたが、ねたまれて太宰府へ左遷されたことなどを話した。

掛け軸の道真を描く
掛け軸の道真を描く

細かくした天神講菓子を園児に配り、園児は道真に向かって二礼二拍手一礼してから天神講菓子を食べた。園児がどこまで天神講の意味を理解したかどうかはわからないが、ふだん食べない菓子に「甘〜い!」とご機嫌だった。。そのあとは年長児は掛け軸を見ながら道真の絵を描き、年中児と年初時は道真の塗り絵をした。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com