暴風で空き家の屋根の一部が吹き飛んで落下 看板の枠が壊れそうになって通行止めも (2018.3.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

低気圧が急速に発達したのに伴って「春の嵐」となった1日、三条市では正午ころにピークに暴風が吹き荒れ、空き家など建物の屋根が飛び、その破片で近隣のカーポートが壊れる被害などがあった。

屋根が吹き飛ばされた空き家
屋根が吹き飛ばされた空き家

正午過ぎころ、三条市居島地内の木造2階建ての空き家1棟とアパートと思われる1棟の屋根の一部が壊れて飛んだ。飛んだ木材やトタンが付近の通りに落ちて道をふさいだり、ポリカーボネート製のカーポートの屋根を突き破って乗用車に当たったりした。けが人などはなかったようだ。

一ノ木戸商店街では、林町1地内の鉄筋コンクリートの建物の通りに面した壁に取り付けてある看板の金属製の枠が強風で壊れて落下の危険性があるため、一時的に通りを通行止めにしてロープなどで固定する応急処置を行った。

吹き飛ばされた屋根の部材が落下して道をふさいだり樹脂性のカーポートの屋根を破ったりした
吹き飛ばされた屋根の部材が落下して道をふさいだり樹脂性のカーポートの屋根を破ったりした

南寄りの強い風が夕方も続き、午後7時までの観測で三条では午後0時9分に最大瞬間風速21.9メートルを記録した。市内のいたるところで強風による影響があり、三条市消防本部によると、日中の強風による通報は昼に集中し、午後0時11分から0時50分までの39分間に計10件が寄せられた。さらに午後2時49分までに2件で、午後5時までに同本部に寄せられた通報は計12件だった。

いずれもシャッター、屋根、看板が壊れそう、吹き飛びそうといった内容で、三条地区の嵐北地区と大島地区に多く、栄地区では1件、下田地区の通報はなかった。

建物の看板が強風で壊れそうになって一ノ木戸商店街は一時的に通行止め。蒼い看板の右の金属製の広告の枠が壊れそうになった
建物の看板が強風で壊れそうになって一ノ木戸商店街は一時的に通行止め。蒼い看板の右の金属製の広告の枠が壊れそうになった

また、同本部では、強風の場合は、家の回りに強風で飛ぶようなものを置かず、火の取り扱いにはくれぐれも注意してほしいと呼びかけている。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com