燕市でフィギュアスケート靴のブレード開発 試作品は市販品と同等以上の高評価 (2018.3.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市と市内の金属加工会社9社が、フィギュアスケート靴のブレード(刃)の共同開発を進めている。20日には新潟市中央区の新潟アサヒアレックスアイスアリーナで試作品のテストを行い、市販品と同等、あるいはそれ以上のとの好感触だった。

試作したブレードを試す岡崎さん
試作したブレードを試す岡崎さん

昨年8月に燕市フィギュアスケートブレード開発研究会が発足。各社が得意分野の技術を生かして製造工程を分担し、既存の一般的なブレードをひな形に鋼材や形状の異なるブレードを試作した。

20日は4種類の試作品を元フィギュア選手の岡崎真さん(41)と県スケート連盟理事長の伝井達さんが(46)が左右の靴に異なる試作ブレードや既存のブレードを装着したり、滑るだけでなく、ジャンプしたり、回転したり、ステップしたりと試してそれぞれの特性を体感して分析した。

ブレードを交換する岡崎さん
ブレードを交換する岡崎さん

岡崎さんは、4種類のなかでも金型に使われる硬度の高いダイス鋼で作ったブレードが飛び抜けて滑りがよく、ほぼ海外生産の既存のブレードと比べてもそん色ないどころか、それ以上との評価だった。さらに剛性も高く、思い通りに滑れる印象で、伝井さんも試作品はどれも「既存のブレードのいいレベル」で、ダイス鋼のブレードは「びっくりするほど良く滑る」と絶賛した。

燕市フィギュアスケートブレード開発研究会の会長の有限会社徳吉工業・徳吉淳社長をはじめ会員もテストの見学に訪れ、開発したブレードが実際に氷上を滑るようすに「ほんと感動ですよね」と興奮していた。

試作したブレードを試す岡崎さんを見守る燕市フィギュアスケートブレード開発研究会の会長の有限会社徳吉工業・徳吉淳社長ら
試作したブレードを試す岡崎さんを見守る燕市フィギュアスケートブレード開発研究会の会長の有限会社徳吉工業・徳吉淳社長ら

さらに改良を重ねていくが現在、市場に出回っているブレードは2本1セットで3万円近くで入手できる。試作品でもそれと同等の価格設定ができれば市場での競争力もあると見られ、期待を強めていた。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com