燕市長選・後藤浩昌氏が立候補取りやめ無投票か (2018.4.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

任期満了に伴う燕市長選が1日告示され、立候補を表明していた新人の行政書士の後藤浩昌氏(57)が1日朝になって立候補のとりやめを発表した。

後藤氏から届いた立候補とりやめのファクシミリ
後藤氏から届いた立候補とりやめのファクシミリ

後藤氏は燕市選挙管理委員会や報道機関へ立候補をとりやめる文書をファクシミリで送信した。それによると、3月29日に報道関係者から合同の取材を受け、燕市での行政策を表明したが、その行政策に対する賛同の声も自身の立候補に対する支援の申し出もまったくなかったため、「私が立候補しても当選することはないと判断」し、立候補を取りやめることにしたと説明している。

燕市選挙管理委員会では、午前8時半から市役所で立候補届出の受け付けを行った。3期目を目指す現職の鈴木力氏(57)の陣営の2人が受け付けを待つなか、午前8時21分、燕市選管が後藤氏から立候補とりやめのファクシミリが届いたことを明らかにした。ファクシミリの送信時刻は、午前8時5分。その後、定刻とともに鈴木陣営は立候補の受け付けを行った。

立候補の届け出を行う鈴木陣営
立候補の届け出を行う鈴木陣営

今回の燕市長選は、鈴木氏と後藤氏の現職、新人の一騎打ちと見られていたが、このまま鈴木氏以外に立候補者がなければ鈴木氏の無投票当選となる。鈴木氏はこれまで2期とも無投票当選しており、選挙戦の洗礼を受けることで正統性を高めたいと考えていただけに鈴木氏にとっても残念な知らせだ。

s
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


4月28日 道の駅 漢学の里 しただ 5周年祭
さんしんカードローン 来店不要WEB完結 三条信用金庫
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com